昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

「妹尾さんはTwitterの恋愛相談などが人気のインフルエンサーです。SNS上で整形したことを公表し、写真を公開したことも話題になりました。2019年6月27日放送のTV番組『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)にも出演するなど、タレントとしても活動の幅を広げています」(妹尾の知人)

 橋本は妹尾と友人の2人の連絡先をゲットすると、いったん解散。だが、男女4人は数時間後に再び渋谷で合流したのだという。「週刊文春デジタル」ではその際に撮影された動画を入手した。

《動画》酔った橋本良亮は“スケベ親父”

「橋本くんは渋谷にあるバーで再び妹尾さんらと合流。『あの近くにタイ料理屋があったから、『コップンカー!』とナンパした』と話していたそうです。その渋谷のバーは橋本君が常連のようで、『他のバーも俺よく行くんだよね』とも言っていたとか。酒癖はさほど悪くはないのですが、酔っぱらった橋本くんはまさに“スケベ親父”。女性陣に対し、『おっぱい見せて』『チューしよう』など迫っていた」(同前)

飲み会での動画に映る橋本。ホストと勘違いされていた旨が書き込まれている

ジャニーズだと気付かれず、ホストと勘違いされていた

 実は、橋本は渋谷や新宿で飲み歩くことが多いのだという。

「橋本くんは新宿ではキャバクラにも頻繁に通っていて、ホストの飲み会にも参加するなど、新宿ではかなり顔が広い。橋本くんは酒が強い。いつもトランプのブラックジャックや山手線ゲームをして、負けた人がテキーラをイッキ飲みするという遊びをしています。橋本くんが泥酔して暴れるということはないですが、セクハラというか、飲み会の場で女性にチューしている姿を見かけたことはあります」(橋本の知人)

 橋本と妹尾らの飲み会もかなり激しく、深夜3時頃まで続いたという。

「橋本くんは妹尾さんらにも『チューしよう』などと迫っていました。ただ気になったのは、妹尾さんと友人女性が、彼がジャニーズだと気づいていないこと。『〇〇のホストでしょ! コールして!』などとホストだと勘違いしていた。飲むペースはかなり早く、ゲームで負けた人がどんどんテキーラを飲んでいて、ショットグラスに数十杯は飲んでいた。深夜3時頃に解散したようですが、別々でお店を後にし、この日はお持ち帰りはなかったようです」(別の飲食店関係者)

 彼らを世に送り出したカリスマ社長・ジャニー喜多川氏は昨年他界した。今年はABC-Zにとって正念場だとみられているが……。

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(7枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー