昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, 社会

「西島くんが現場に入ると緊張が走ります」

 こうした出来事が重なり、メンバー内不和が深刻化していった。

「元メンバーの後藤や伊藤が脱退の際にも、メンバー不仲説は浮上していました。実際にメンバー同士の仲がいいとは言いがたい。伊藤が脱退する際には、『ドームまで来られたのに。復帰は許さない』と怒りを露わにしたメンバーもいました。ビジネスとしては成り立っていましたが、長らくグループ内には不穏な空気が漂っていたのは事実。ダントツ人気の西島くんと、それ以外のメンバーとのモチベーションの差も開く一方だった」

西島隆弘 ©スポーツニッポン新聞社/時事通信フォト

 ニッシーの愛称で知られる西島は2009年に映画「愛のむきだし」に初主演し、同年の「キネマ旬報ベスト・テン『新人男優賞』」、「毎日映画コンクール『スポニチグランプリ新人賞』」を受賞。その他にも多数のドラマや映画、CMに出演している。

「自分がグループを引っ張っているという自負からか、西島くんは常にピリピリしていました。スタッフも常に気を遣っていて、西島くんが現場に入ると緊張が走ります。動画制作の現場でも、西島くんはカット割りなどにたくさん注文をつけるのですが、他のメンバーはただ見ているだけだった。ライブ演出に関しても西島くんは精力的に取り組んでいた。そのためスタッフと衝突することも多く、“天狗”になっていると言う人もいました。

 西島くんはデビュー当初からパフォーマンスのクオリティはメンバー随一でした。突然の脱退や逮捕など、プロ意識を感じられない他のメンバーに足を引っ張られていると感じていたようです」(エイベックス関係者)

2019年10月23日に発売されたシングル「BAD LOVE」

 別のエイベックス関係者によると「活動休止を前に、今年はアルバムの発売と全国ツアーを予定しています。それを終えた後、AAAは活動休止に入る。再開の目途は立っていません」という。

この記事の写真(4枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー