昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

台湾総統選、蔡英文が圧勝 中国共産党「嫌われる理由」

 実績の乏しい現職と地味な野党候補の対決で低調も予想された1月11日の台湾総統選で、民進党の蔡英文総統(63)が史上最多得票で再選を果たした。

「台日の絆を深めていきたい」とツイート ©共同通信社

 一時は支持率が2割台にまで落ち込んでいた蔡政権を蘇らせたのは、紛れもなく中国だ。蔡氏の勝利宣言を見届けた台湾人記者は「主演女優賞が蔡氏なら、助演男優賞は間違いなく習近平氏だな」とつぶやいた。

 勝因は2つある。1つは、19年1月に習氏が行った台湾政策の演説だ。「一国二制度は国家統一を実現する最良の方法」。中台が一国であることを認めれば台湾の社会制度を保障するという習氏の誘いを、蔡氏は「絶対に受け入れられない」と断固拒否。これで支持率が急回復した。

 もう1つは、香港だ。逃亡犯条例をきっかけにデモに立ち上がった香港の若者たちの声は、台湾市民に対中関係を再考させるに十分過ぎた。「今日の香港は、明日の台湾」。蔡氏の訴えは、効果絶大だった。

 台湾演説も逃亡犯条例も反発が予想された内容であり、喫緊の課題でもなかった。それでも押し切ろうとしたのは、ひとえに一党独裁で民意を読もうともしない共産党政権のおごりだ。結果としてオウンゴールに近い形で蔡氏を勝たせてしまった習氏にすれば、求心力に影響が出かねない事態だ。選挙中は沈黙を決め込んでいた中国だが、その後猛烈な「口撃」に転じた。