昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

無名の大学からプロ入り、実績に見合わない年俸……

「秋山は小6の頃に父を胃がんで亡くし、女手一つで育てられた。高校も神奈川では中堅クラスの横浜創学館で、足首の捻挫によって思うようなアピールができませんでした」(同前)

 無名の八戸大(現・八戸学院大)に進学後、頭角を現し、10年のドラフト3位で西武に入団。15年には憧れのイチローを抜く、216安打のシーズン安打新記録を達成した。

「ナイター後もすぐに室内練習場に向かって打撃練習を欠かさず、レギュラーに成長した。一見(いちげん)であろうが、きちんと準備してきた記者には言葉を尽くして取材に応じる選手です」(同前)

 だが、19年の年俸は2億3500万円に過ぎず、

「実績にあまりに見合わない額に、他球団の選手からも同情の声が上がっていた。本人も一昨年に行ったカンボジアでの野球教室に引っかけて『僕だけカンボジア価格ですよ』と不満を漏らしていました(笑)」(同前)

 昨年10月に侍ジャパン強化試合の死球で骨折した右足薬指も完治したという。

「一番不安だった身体検査も問題なく終わったのでホッとしています。怖がらずにトレーニングの強度を上げていける」と語る秋山は、正式契約後すぐに静岡・下田市に直行。自主トレーニングをスタートしている。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー