昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ゴーン」という怪物を作り出したのは、日本人の体質ではないか?

「まさかそこまではしないだろう」

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 経済, 国際

「ゴーン」という怪物を作り出した日本人の体質

除夜の鐘と共に去ったカルロス・ゴーン

「Gone with the wind」、まさに「(除夜の)鐘と共に去りぬ」。

昨年末、日本中を驚かせる出来事がありました。日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン氏による逃亡劇です。億単位の資産があればこそ実現できたこの一件は、いろんな意味でドラマティックでした。

写真=時事通信フォト 日本メディアの代表取材に応じるカルロス・ゴーン被告=2020年1月10日、レバノン・ベイルート - 写真=時事通信フォト

大晦日(みそか)の国民的番組である、日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の放送中にそのニュースは飛び込んできました。

聞くところによるとゴーン氏は、「楽器のケースに隠れての出国」を図ったとのこと。「楽器の使いやあらへんで!」と訴えたいところだったのでしょうか。

また「プライベートジェットを使用する際、その楽器ケースのX線チェックは受けなかったのか」という率直な疑問にも、「X線チェックは『ケースバイケース』」とでもいいたくなる、大喜利ネタのような形で年を越すこととなりました。

……すみません。ま、落語家が考えることです。以下、少し斜に構えて私なりの考えを述べてみたいと思います。

それはもしかすると、「ゴーン」というモンスターを作り出したのは、日本人の体質ではないかという仮説です。

あらためておさらいするゴーン被告の功と罪

順を追ってわかりやすく説明します。

日本において業界第2位の自動車メーカー、日産自動車が経営難に陥りました。打つ手のない現状を鑑みて、当時の経営陣はフランスの自動車メーカー・ルノーの要職に就いていたゴーン氏を迎え、最高執行責任者(COO)に任命します。そこで彼は「なあなあ体質」だったその会社に喝を入れるべく「リバイバルプラン」をたたきつけ、とにもかくにも経費削減を目指します。

具体的には、5つの国内工場の閉鎖と2万人に渡るリストラなどでした。コストカッターの呼び名にふさわしい剛腕を振るった結果、日産は奇跡的なV字回復を果たし、業績は持ち直します。……と、ここまでが一般的にもよく知られている、彼の称賛に値する部分です。