トップ

昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

指原莉乃プロデュース「ノイミー」につきまとい逮捕 犯人は「NGT事件犯行グループ」の1人だった

X氏には元NGTメンバーと交際できた“成功体験”があった

 また当時NGT48劇場支配人だった今村悦朗氏から、全メンバーに対して、事件について知らせるメールが送信されているが、その中でも要注意人物として名前が出ていた。

NGT48劇場支配人(当時)の今村悦朗氏から全メンバーに対して送られたメール

「週刊文春デジタル」の取材で、X氏は3年以上前から一緒に、アイドルと直接繋がることを目的に犯人らと行動を共にしていたことがわかっている。実際、X氏は元NGTメンバー(E子)と繋がりを持ち、交際するに至っている。今回の犯行には、この“成功体験”が大きく影響していたようだ。

またもや露呈した“直接接触”を売るAKB商法のリスク

 一連の事件に関して、X氏にメールや電話でコンタクトを試みたが、期日までに回答を得ることはできなかった。警視庁関係者は、「逮捕の事実はありますが、被害者保護の観点から詳細は控えさせて頂きます」と話した。

 握手会など、生身の少女との“直接接触”を売りにするAKB商法のリスクを、プロデューサーに回った指原は今どう考えているのか。ノイミーの運営を担当する「代々木アニメーション学院」に取材を申し込んだが、「対応しない」という回答だった。

 1月19日(日)21時より放送の「直撃!週刊文春ライブ」では、取材担当記者が“事件”を解説する。「週刊文春デジタル」では詳細な記事を掲載している。

※文中、「保釈」とありましたが「釈放」の誤りでした。修正いたしました。(2019/1/20/12:20)

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(5枚)

+全表示

※文藝春秋が提供する有料記事は、
Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

source : 週刊文春デジタル

×