昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「顔から表情が無くなった」……スカーレットの“八郎さん”松下洸平がガチガチだった日

「現場では、戸田さんが『松下さんも!』という感じで談笑の輪に誘っていますね」(現場スタッフ)

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」で、ヒロイン・喜美子(戸田恵梨香・31)の夫、八郎を演じる松下洸平(32)が、お茶の間の主婦層のみならず戸田をもときめかせている。

◆◆◆

 昨年末の第13週では喜美子の父・常治(北村一輝)が病で亡くなるまでが描かれ、平均視聴率19.2%と堅調に推移。喜美子と結婚した八郎は有名陶芸家に成長。今後、喜美子も陶芸家への道を歩み出す。

「八郎の登場時、爽やかなルックスに、誠実で不器用な姿を見た視聴者が『あの俳優は誰?』とすぐに騒ぎ出した。もともと松下は2008年にデビューしたシンガーソングライター。歌手と役者の二足のわらじを履くところからも、『第二の星野源』と目されている」(スポーツ紙記者)

松下洸平

 松下は舞台やミュージカルでキャリアを積む一方、朝ドラのオーディションを何度も受けては落ちてきた過去を持つ苦労人だ。

「朝ドラ出演が憧れだった松下君は、八郎役に決まった心境を聞かれて『何年も箸にも棒にもかからなかった』と、念願かなったことを喜んでいた。ところが脚本の水橋文美江さんは彼のことを知らなかったみたいで、『存じ上げないけど大丈夫?』と制作サイドに問い合わせが来ました(笑)」(NHK関係者)