昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「新型コロナウイルス」でも情報操作? 中国政府の情報を信じてはいけない理由

SARSの「感染隠し」の前科を忘れるな

source : 提携メディア

「新型肺炎」中国政府の情報を信じてはいけない

「新たな感染は出ていない」と発表直後に感染者が増加

中国湖北省武漢市で「新型肺炎」が集団発生している。

武漢市の発表によると、最初に肺炎の患者が見つかったのは昨年12月8日だった。その後、発熱と呼吸困難を訴える患者が相次ぎ、市衛生当局などが調べたところ、病原体はこれまで発見されたことのない「新型コロナウイルス」と判明した。

写真=時事通信フォト 新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎が発生している中国・武漢から成田空港に到着した人たち=2020年1月16日、千葉県成田市 - 写真=時事通信フォト

武漢市は当初、「今年1月3日以降、新たな感染は出ていない」と発表。しかしその後、市内で感染者が増え続け、18日時点で45人、このうち61歳と69歳の男性2人が死亡した。

翌19日には「新たに17人の感染を確認した」と発表。感染者は計62人となった。さらに20日、「新たに1人が死亡した」「武漢市内で新たに男女136人の感染を確認した」「北京市と広東省でも新たな感染が見つかった」と発表した。

これで20日現在、武漢市内の感染者は198人となり、うち死者は計3人。18日からわずか3日間で感染者が150人以上も増えたことになる。

なお、ウイルスや細菌などの病原体に感染していることが判明すると「感染者」、発症すると「患者」と呼ばれる。

中国が「SARSの流行」で行っていた情報隠し

問題の新型コロナウイルスは、17年前に東南アジアの国々で猛威を振るった「SARS」(サーズ=重症急性呼吸器症候群)の病原体ウイルスの仲間だ。SARSでは29の国と地域に感染があっと言う間に拡大し、少なくとも約800人が死亡した。

武漢の新型コロナウイルスについて、アメリカなどの研究者が遺伝子の配列を分析したところ、「SARSと同じベータコロナウイルスの一種だ」とする見解を公表した。

ヨーロッパの疾病対策センターも「SARSのウイルスと似ている」という見解を発表し、イギリスの研究者は「SARSのもととなったとみられるコウモリの持つウイルスと遺伝子配列の89%が一致している」と説明している。

SARSの場合、感染源地域は中国南部とみられた。しかし、中国政府の初動は鈍く、おまけに何カ月も感染者の発生の情報を出さない「情報隠し」や「情報操作」が行われ、東アジアの国々に感染が拡がり、大きな被害が出た。