昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「都合のいい女」だった28歳女性が適応障害から抜け出すまで

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, 人生相談, 社会, 働き方, ヘルス

【最終回】「都合のいい女」だった28歳女性が適応障害から抜け出すまで…グループ・ミーティングという治療

 「私がこのグループに参加して1年になります」

 A子さんは、その日のミーティングでこう話し始めた。28歳の女性。「適応障害」の診断で、心療内科の外来を受診し、このミーティングに参加するようになった。

 「最初はちょっと抵抗感があったんです。ここに来ると、何だか本当に病気になったような気がして……。『うつはうつる』って周りからも言われて、何となく怖かった」

 あの頃を振り返って、「かなりすさんでた」とも言う。

 「何度目かのカレシと、ちょうど別れた時期でした。都合のいいセフレみたいに扱われて、すっかりイヤになってた。勤め先もかなりブラックで、深夜まで働かされてたし……。タイムカードを押してからも延々と残業が続くんですよね」

 不眠とイライラがつのって、仕事のミスが重なり、上司から叱責されてすっかり落ち込んでしまった。それでも自分が悪いとは、どうしても思えない。A子さんはストレスからくる強い不安と抑うつ感で外来を受診したのだった。

 

イラスト:高橋まや

「言いっぱなし、聞きっぱなし」が原則

 「あの頃は『幸せになりたい』って、心から願ってました。自分がこんなところに来るのは間違っているとも思ってた。ベテランのBさんやC子さんの言葉にも結構反発してた」

 「確かにA子さんって、最初は随分キツい人だと思ってました」
 と、名前の出たC子さんが、続いて発言した。

 「でも、メンバーのBさんが末期のがんで亡くなったと聞いたとき、一番大声で泣いていたのもA子さんだった。とても素直で、自分の気持ちに正直な人だと思ったんです。『あぁ、こういう人はすぐにきっとよくなる』って感じました」

 「Bさんは、私にとってお父さんみたいな人でしたから」
 と、少し遠い目をしながらA子さんが続ける。

 このグループ・ミーティングでは、「言いっぱなし、聞きっぱなし」が原則。でも、相手への批判や個人的なつっこみでなければ、比較的ゆるいルールで話を進めてよいことになっている。