昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

稲垣を重用するNHKで先陣を切ってドラマ復帰

 なかでも稲垣を重用していたのが、NHKだった。稲垣は、誕生日である12月8日に「NHK俳句」(Eテレ)にゲスト出演。元日に放送された、古今東西の名著を識者たちが論じた「100分deナショナリズム」(Eテレ)にはMCで出演した。また、昨年末から放送されている、ややこしいけれど誰もが避けて通れない問題を検証する番組「不可避研究中」(総合)にもMCで出演している。

「『100分deナショナリズム』では、独立戦争が話題になると、『独立戦争したわけじゃないんですけど』と笑いながらも、ジャニーズ独立を経ての意識変化を語ったり、ネット右翼について触れるなど、積極的に発言していました」(前出・民放社員)

©文藝春秋

 そして、「新しい地図」の3人のなかでは、先陣を切ってドラマ復帰を果たすことになる。

「稲垣は主演しかやらなかったSMAPメンバーのなかで、いちはやく2番手以下の脇役に回りました。そこには人気の問題というのもあったのですが、かえって役柄が広がり、2010年の映画『十三人の刺客』で演じた残虐非道な殿様役は高く評価され、日刊スポーツ映画大賞や日本インターネット映画大賞の助演男優賞を受賞し、性格俳優としての道も開けました。木村拓哉が苦労した“アイドル俳優”からの脱皮も、果たすことができたのです」(芸能プロ関係者)

 今回の朝ドラ出演について、所属事務所は「局のほうにご確認ください」と回答。NHKは「個別の出演者情報、問合せについてはお答えしていません。出演者の発表については、さまざまな状況、タイミング等を見ながら発表しています」と回答した。

「昨年の大河ドラマ『いだてん』で、のんを起用するのではないかという話がありましたが、実現しなかった。共演者が多く事務所同士のしがらみがある地上波のドラマ出演は、それほどハードルが高いんです。今回、NHKで稲垣さんのドラマ出演が“解禁”されたことで、今後、他局も『新しい地図』のメンバーを起用しやすくなる。稲垣さんだけではなく、草彅さんや香取さんの姿をドラマでみられる日も近いでしょう」(前出・民放関係者)

 脇役上等!で国民的ドラマ枠に臨む稲垣。「スカーレット」にどんな色を加えるのか。

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー