昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ「廃課金」に溺れる若者たちはかくも楽しげなのか

2020年の論点100

2020/02/04

 世界保健機関は2019年5月、ゲームに熱中するあまり日常生活に深刻な影響を与える「ゲーム障害」を、国際疾病として新たな依存症に認定した。その一週間後、76歳の元農林水産事務次官の父親が、44歳の無職の息子を刺殺する事件が起きた。

 くしくも被害者は、オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』のヘビーユーザーで、課金制の有料アイテムに多額を注ぎ込んでいたという。

©iStock.com

いまどき「廃課金者」はまったく珍しくない

 課金式のソーシャルゲームにおいて、高額を費やして遊ぶことを「廃課金」といい、近年社会現象化しつつある。課金の種類は様々で、この息子がプレイしていた『ドラゴンクエストX』などの場合、プレイするのに月額などの期間定額料金が必要となるサブスクリプション制が取られているが、別途ゲーム内でコンテンツや追加機能を購入できるアイテム課金制の要素もある。

 後者のうち、クジのようにランダムでアイテムが提供される方式は「ガチャ」と呼ばれ、ソーシャルゲームにおいては広く浸透したシステムだ。一般的に、ソーシャルゲームの課金といえばガチャを指すことも多いだろう。

 筆者は近年、個人的な関心から、ソーシャルゲームについていわゆる「廃課金」ユーザーにしばしば話を聞いているのだが、いまどき廃課金者はまったくめずらしくなく、事件の被害者がことさら特別な存在であったとは言えない。実感として、種類を問わなければ、大半の若者に一度は課金経験があるだろうし、そのうち課金のしすぎを感じている者も少なくないだろう。2018年12月には、はてな匿名ダイアリーに「FGO(註・スマートフォン専用ゲーム『Fate/Grand Order』)に400万課金した女が思うこと」というエントリーが寄せられ、話題になったことにも顕著だ。

©iStock.com

 なぜ若者はガチャに金を使うのか。トレーディングカードなどと異なり、実際には所有できず、手元に残るのは電子データのみ。射幸心を煽るという点でパチンコと似ているようにも思えるが、ゲーム性があるわけでもなく、実利も薄い。それなのに、なぜ?