昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

デジタルIDで生活が一変 電子国家エストニアで浸透する「未来のマイナンバー」の正体

暮らしと財布がスリムな社会に

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際, 社会

エストニアで浸透「未来のマイナンバー」の正体

1991年に旧ソ連から独立して以来、電子国家として世界に名を轟かせるエストニア。そのデジタル化を加速させたのが、エストニア版マイナンバー制度である「e-ID」だ。このデジタルIDによって変わったエストニア人の暮らしぶりから、日本のマイナンバーの可能性を探る——。

写真=Toolbox Estonia

あなたであることを証明するデジタルID

想像してみてほしい。あなたと同じ名前の方は日本に何人いるだろうか。

たとえば筆者と同じ名字である「サイトウ」さん。小学校の時点で同級生には3人のサイトウさんがいたし、全国を見渡すと数十万という単位でいるという。ではそんな多くのサイトウさん一人ひとりをどうやって明確に区別するのだろうか。

下の名前と組み合わせたとしても、重複する可能性は十分にあるし、万が一同姓同名の人と間違えられてサービスを受けてしまったら——たとえばそれが病院で血液型を間違われたらと考えると血の気が引いてしまう。

ましてやサービスの舞台がアナログからデジタルに移り変わる今、デジタル世界では名前での呼び出しもなければ、診察券も発行してもらえない。「デジタルID」とは、そうしたデジタル世界において、確実に本人を識別できる身分証明書である。

デジタルIDは主に政府によって発行され、国民一人ひとりに振り分けられる。誰しもが共通の規格で独自のIDを持つことになるため、誰とも重複することがなく、行政や民間サービスを利用する際の識別子として活用可能だ。

名前より先にIDが割り振られるエストニア

筆者が拠点を構えるエストニアでは、誕生時に名前より先にe-ID(デジタルID)が割り当てられる。たとえば、筆者のIDは「39305010062」。一桁目は性別(1900年~99年の間に生まれた人の中で、男性は3、女性は4)を表し、続く6桁が生年月日、その後の3桁がその日に生まれた中での登録順、最後の一桁は残りの10桁から生成される。

つまりこのデジタルIDは、1993年5月1日に生まれ、その中でも6番目に登録された男性ということを表す。エストニアのIDは公開式で、年齢や性別を公にすることをいとわなければID自体を公開しても問題はない。