昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

認知症の前段階から保険会社がケア “進行予防”という新しいアプローチとは?

明治安田生命「認知症ケア MCIプラス」

PR

認知症の予防は、本人の自覚と意欲が不可欠。明治安田生命の『認知症ケア MCIプラス』は、セカンドライフ世代の健康維持のために一人ひとりが行動を起こす手助けをする。商品の特長やそこに込めた思いを聞いた。

MCI段階で動き出す“気づき”を提供する

――『認知症ケア MCIプラス』の開発の背景をお聞かせください。

明治安田生命保険相互会社
営業企画部 営業企画グループ
グループマネジャー
菊野和洋氏
明治安田生命保険相互会社
営業企画部 営業企画グループ
グループマネジャー
菊野和洋

菊野 これまで生命保険の役割は、病気になった後の経済的な支援が中心でした。けれど本当は病気にならず健康に過ごせることが理想のはず。そこで当社では『みんなの健活プロジェクト』として、生活習慣病の予防など保険を通じた健康増進に向けた取り組みを支援してきました。今回発売した『認知症ケア MCIプラス』も、同プロジェクトの一環です。認知症発症“後”の保障はもとより、発症“前”からセカンドライフ世代の健康を守るために、早期発見や進行予防に役立つ保障やサービスを充実させました。

――具体的には、どのような保障を提供しているのですか。

菊野 認知症になる前段階のMCI(軽度認知障害)の診断を受けた時点で軽度認知障害保険金をお支払いいたします。これは、MCIの症状改善や認知症への進行予防に向けた検査やさまざまな改善プログラムの受講費用等にご活用いただくのが目的です。もちろん、「器質性認知症」と診断され公的介護保険制度に基づき「要介護1以上」の認定を受けた際には認知症保険金をお支払いします(※1)。将来介護が必要になった場合のご家族の負担軽減などにも役立ちます。

――認知症の早期発見や進行予防にはご本人の自覚や意欲も不可欠です。どう支えていきますか。

菊野 定期的な健康診断がある体の病気とは異なり、認知機能の低下は自覚しづらいものです。そこで『認知症ケア MCIプラス』では、お客さまが認知機能について考えるための“気づき”を提供しています。

 その“気づき”をサポートするためのしくみとして、認知機能の状態をご自身で把握していただける「認知機能チェックアプリ『かんたんブレインチェック』(※2)」、お客さまの健康診断結果などをもとに分析した『MY健活レポート 認知症ケア版』をご提供いたします。『かんたんブレインチェック』はMYライフプランアドバイザー(営業職員)のスマートフォンを使い、「認知機能の状態」をお客さま自身で手軽にご確認いただけるものです。『MY健活レポート 認知症ケア版』は、ご提出いただいた健康診断結果をもとに、一人ひとりの「認知機能低下リスク評価(※2)」、「疾病リスク予測(※2)」等を算出するもので、現状や将来のリスクを知る手がかりになります。『MY健活レポート 認知症ケア版』は毎年ご提供いたしますので、認知機能がどのように変化しているのかを経年で比較できます。これらのしくみは、医療機関を早い段階で受診するきっかけづくりにもなると思います。

 また、血液からMCIのリスクを調べるMCIスクリーニング検査も優待特典付きでご利用いただけます。

自分の健康状態をチェック! MY健活レポート 認知症ケア版

ご提出いただいた健康診断結果で認知機能の低下リスクや将来の入院リスクを確認できます。

●「MY健活レポート 認知症ケア版」は、「認知症ケア」「認知症ケアMCIプラス」にご加入いただき健康診断結果をご提出いただいたお客さまにご提供するサービスです。

生活習慣の改善へお客さまと行動する

――アドバイザー(営業職員)の方も一緒に健康増進を支えていくのですね。

菊野 毎日運動をしたり、食事の内容に気を付けたりと認知症予防などに有効とされる生活習慣の改善は、健康に良いとわかっていても継続が難しいものです。だからこそ保険会社はご契約いただいて終わりではなく、お客さまに寄り添う姿勢が問われます。そこで、『みんなの健活プロジェクト』で培った経験やノウハウが生きてきます。当社のアドバイザー(営業職員)は定期的にお客さまのもとを訪問し、お客さまが無理なく楽しんで生活習慣を改善できるよう支えていきます。例えば、Jリーガーが参加するウォーキングイベントなどのスポーツイベントもご案内しています。

――ご家族の不安軽減や、認知症以外の疾病への備えはありますか。

菊野 家族信託や成年後見制度を利用したいとのご要望があれば、専門家をご紹介するなど、アドバイザー(営業職員)が各種相談を承ります。また、本商品では一生涯にわたる入院保障も提供していますので、病気や事故等への備えにもご活用いただけます。

――読者へのメッセージをお願いします。

菊野 年齢を重ねれば、認知症をはじめ健康への不安を感じる瞬間が誰にでも訪れます。私たちはお客さまと一緒に健康増進に向けて取り組んでまいります。ぜひご相談ください。


●「認知症ケア MCIプラス」は、「軽度認知障害終身保障特約」を付加した場合の「認知症ケア」をいいます。
●この保険の主契約は終身医療保険です。

※1 商品内容や保険金等のお支払い事由等についてはこちらから
※2 お客さまの個別の健康状態に対して、医師の医学的診断に基づく疾病の診断をするものではありません

INFORMATION

コミュニケーションセンター「お電話によるご相談窓口」
フリーダイヤル 0120-662-332

月曜~金曜 9:00~18:00
土曜 9:00~17:00(いずれも祝日・年末年始を除く)

●生命保険募集人は、お客さまと明治安田生命の保険契約締結の媒介を行なう者で、保険契約締結の代理権はありません。したがいまして、保険契約は、お客さまからの保険契約のお申し込みに対して明治安田生命が承諾したときに有効に成立します

●この資料は、「保険設計書(契約概要)」の補助資料であり、支払事由や制限事項のすべてを記載したものではありません。保険商品をご検討いただく際には、保険設計書(契約概要)を必ずご確認ください。なお、ご契約の際には、「保険設計書(契約概要)」、「特に重要なお知らせ(注意喚起情報)」、「ご契約のしおり 定款・約款」を必ずご確認ください

募Ⅱ 1901512 営企

明治安田生命の資料は、下記アンケートの「応募フォーム」より請求できます。

締切:2020年4月16日(木)

応募フォームへ
出典元

安倍官邸の戦犯を名指しする

2020年3月5日号

2020年2月27日 発売

定価440円(税込)