昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

平野帝国に三毛頭取の逆襲か 三菱UFJ“理系トップ”に暗闘

2020/01/27

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は、1月17日、亀沢宏規副社長(58)が、4月1日付けで社長兼最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。三毛兼承(かねつぐ)社長(63)は代表権のある副会長となり、三菱UFJ銀行頭取に専念することに。

平野信行FG会長 ©共同通信社

 亀沢氏はどんな人物か。

「東大大学院で数学を専攻し、86年に旧三菱銀行入行。デジタル通貨のMUFGコインの事業化を主導するなど、IT分野に精通しています。気さくな性格から“カメちゃん”と呼ばれ、フィンテック企業の経営者ともパイプが深い」(三菱UFJFG関係者)

 3メガバンクで、理系出身者がトップに昇りつめるのは初めてとなる。

 今回の人事について、こんな伏線があったと他のメガバンク幹部が明かす。

「昨秋、日本経済新聞から3メガに対し、理系出身のトップ候補を挙げて欲しいと要請があった。11月12日に亀沢氏が有力視されているという記事が出て、早晩交代すると予想していましたが、まさかFG社長と銀行の頭取の年次が5歳も逆転するとは驚きました。旧来のようなやり方では、トップバンクの三菱UFJでも生き残れないという危機意識の現れなのでしょう」

 大手金融機関幹部がこう続ける。

「三毛氏が人事案を描き、平野信行FG会長(68)の了承を得たと聞いている」

 平野氏は、1年間ほぼ休まない仕事人間だという。

「地方の取引先企業が主催する泊まり込みのゴルフコンペに参加したときも、土曜日なのに途中で『記者会見の準備があるから、銀行に帰る』と言い出した」(平野氏を知る財界人)

 こんなエピソードも。

「平野氏は母校である京都大学の金融界代表幹事に就いたのに、就任会合を欠席した。それほどまでに超合理主義者なんです」(同前)