昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“令和のキャッツ・アイ”ホスト宅で3000万円窃盗 「異常に金回りが良くなった」あの時期【飲酒&ダンス動画入手】

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

 歌舞伎町のホストクラブに勤めるホストの家から現金約104万円と、貴金属など4点(計140万円相当)を盗んだとして1月21日、新宿署に逮捕された長野芹菜容疑者(22歳)と西川菜々容疑者(25歳)。歌舞伎町のホスト宅では類似の窃盗事件が5件発生しており、被害額はなんと合計で3000万円相当にのぼるという。

長野芹菜容疑者

 複数の窃盗事件を繰り返していたと見られることから、捜査員の間で“令和のキャッツ・アイ”と呼ばれていた長野容疑者と西川容疑者。そのうち長野容疑者の知人男性は、彼女がある時期から「異常に金回りが良くなった」と語った。

「僕が長野さんと出会ったのは2019年の春ごろのことでした。彼女はホストクラブが大好きで、ある知り合いのホストの太客で、その人も含めて飲みに行って意気投合しました。僕はお酒が好きで、飲み始めると止められずに朝まで飲んでしまうタイプなのですが、彼女もお酒が強かったので、楽しくてよく朝方まで飲み明かしました。シャンパンタワーをしたこともあります」

「週刊文春」は、昨年11月ごろ、サパークラブで飲みながら本家キャッツ・アイさながらのダンスをする動画を手に入れたが、確かに彼女は楽しそうに飲んでいる。

“令和のキャッツ・アイ”飲酒&ダンス

 ホスト好きだったという長野容疑者。普段はどんな暮らしをしていたのか。

「新宿区若松町の、1LDKのデザイナーズマンションに一人暮らしをしていました。家賃は20万円程度だったと思います。時々、風俗で働いていて、地方に出稼ぎに出かけることもあり、それでかなりの額を稼いでいました。それでミシュランに載るような銀座のお店でご飯を食べたり、ブランド物を買ったり。僕も彼女の服を選んであげたこともあります。気前のいいときは20万円ぐらいの飲み代をポンと払ってくれることもありました」

ミシュラン1ツ星を獲得したこともある高級串揚げ店で食事(Twitterより)

 ただ、しばしばトラブルも起こしていたという。

「何人かのホストとお金のことで揉めていました。彼女が盗ったとか、逆にホストが彼女の物を盗ったということもあったようです。ツイッターでホストの寝顔を晒してしまうこともあったようで、『いくら金を使ってくれても、あいつと付き合うとトータルでマイナスになってしまう』と言うホストもいました」