昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

欅坂46・平手友梨奈”脱退”につながった「FNS楽屋号泣」「MV撮影ドタキャン」2大事件

「笑ってパフォーマンスしたくないんです」と…

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 1月23日、人気アイドルグループ「欅坂46」からの脱退が発表された中心メンバーの平手友梨奈(18)。織田奈那(21)、鈴本美愉(22)は「卒業」と発表されたのに対し、平手は「脱退」とされていたことに、”非円満”なかたちでのグループからの離脱が推察されているが、そのきっかけとなった2つの事件が関係者の証言により明らかとなった。

 平手は2016年4月にデビュー曲「サイレントマジョリティー」でセンターを務めて以来、グループがリリースした8曲すべてのシングルでセンターポジションを務めてきた。デビュー直後からグループ最年少の14歳という若さにもかかわらず、圧倒的な存在感でファンや業界関係者から注目された。

2016年12月7日、「Yahoo!検索大賞2016」授賞式に出席した欅坂メンバー。左から長濱ねる、守屋茜、平手友梨奈、渡辺梨加、土生瑞穂 ©時事通信社

 だが、デビューからわずか数カ月で平手に変化があった。きっかけは2016年7月から放送された欅坂46メンバーが総出演するミステリードラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系)の撮影だったという。

笑顔を見せていた2016年の平手。「Yahoo!検索大賞2016」授賞式 ©時事通信社

 当時の平手を間近で見ていたという欅坂関係者が明かす。