昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

パパ活の温床「高級愛人クラブ」の舞台裏ルポ セレブインスタの美人読者モデルが「1回5万円」

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 1月22日、10代の女性に睡眠薬を飲ませて性的暴行を加えた、東京都文京区の無職・後藤武彦(49)が、強制性交の疑いで逮捕された。男はツイッターに「パパ活」をしたい女性を募集する書き込みをしていたという。警視庁捜査1課は、後藤容疑者が同様の手口で50件以上の被害に関わっているとみて捜査を進めている。

 そもそもパパ活という言葉を使いだしたのは、大手愛人クラブ「X」だ。男性と食事やデート、時には性交渉をする代わりに、女性が対価を得る「愛人契約」を「パパ活」と呼ぶことで、女性側の罪悪感を払拭した。この言葉の軽さも手伝ってパパ活は流行し、SNSやアプリ、マッチングサイトなどの登場でさらなる広がりをみせている。

 週刊文春デジタル取材班は「X」の舞台裏を取材した。

「初めてなのですが、よろしくお願いします。(男性は)優しい人がいいです。美味しい和食屋さんに行きたいですね。お酒は弱いですが飲みます。得意料理ですか……? ケーキを作るのが好きです。(最後に一言というスタッフに対して)えーと……、お誘い待ってまーす」

 動画が撮影されているのは白を基調とした部屋だ。茶色のカットソーに白いスカート姿の女性がソファに座り、カメラに向かって恥ずかしそうに笑みを浮かべている。スカートからはまっすぐな脚が伸び、セミロングの茶髪が胸元で緩いカーブを描いていた。

 この動画が掲載されているのは、大手愛人クラブ業者「X」のウェブサイト。「X」は全国に支店をもつ、日本最大規模の高級愛人クラブだ。男性から支払われる入会金、セッティング料金、年会費のみで運営されており、女性会員は無料で登録ができる。

「X」のウェブサイトに掲載されている佐々木愛子さんの自己紹介動画

 

「X」は“パパ活”という言葉の生みの親でもある。2015年頃に女性会員を増やすにはどうすればいいか話し合っていた際に生み出された言葉だと、雑誌などのインタビューで「X」の社長自らが明かしている。

 現在、会員は全国に約1万1500人。男性会員のみが閲覧できるページには女性会員の写真や自己紹介動画がずらりと掲載されており、男性会員はそれらを見て愛人候補を選ぶ。冒頭の動画は、佐々木愛子さん(仮名・34)という女性会員の自己紹介動画だ。

「X」のウェブサイトに掲載されている佐々木愛子さんのプロフィール

「大きな目と控えめな受け答えが素敵で、一目見て気に入りました。彼女は『プラチナム』クラスなので、実際に会っても美女なのだと思いました。すぐに運営側に会いたい旨を伝え、顔合わせの日程を組んでもらいました」

 そう語るのは会社経営者の50代男性、A氏だ。A氏が愛子さんを見つけたのは2017年5月頃、「X」に登録後まもなくのことだったという。