昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「別れたい。でも彼が…」杏・東出の別居騒動 唐田えりかが漏らしていた“不倫の葛藤”

「週刊文春」1月23日発売号が報じた杏(33)・東出昌大(31)の別居騒動。その原因は東出と女優の唐田えりか(22)との禁断愛にあるが、その唐田が東出との関係に思い悩み、周囲に相談していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

東出昌大 ©文藝春秋

 唐田をよく知る芸能関係者が明かす。

「たしかに東出さんと交際中の彼女は舞い上がっていたし、妻子ある男性と関係を持ったことは批判を受けて当然のことです。ワイドショーやスポーツ紙は彼女を“魔性の女”などとバッシングしていますが、決してそんな女性ではありません。むしろ彼女は東出さんとの関係を悩み続け、葛藤に苦しんでいた。彼女のほうから距離を置き、必死に彼を忘れようとした時期もあったのです。『別れたいのに、彼が…』と漏らしていたこともありました」

©AFLO

 この話を裏付けるように、実は唐田は人知れず、東出との関係について非公式のSNSに書き残していた。たとえば昨年11月25日には以下のような文章を綴っている。

〈何故だ何故だ~ もう思い出さなくなってきたし 前向きになってる最中だったのに またもや良い時に連絡きた はーーー前はすぐ気持ちが振り出し戻ったけど 今はまだそんな別にだけど動揺してる 嗚呼、、なんだかなぁ 何を考えてんのか何も考えてないのかわけわからん〉

2人が共演した映画『寝ても覚めても』の舞台挨拶 ©文藝春秋

 なぜ唐田は駄目だと思いつつも、禁断愛から抜け出せなかったのか。1月30日(木)発売の「週刊文春」では、唐田が非公式SNSに綴った文章や写真、東出が彼女に宛てた直筆の手紙を公開。また杏、東出の夫婦関係について計4ページにわたって詳報している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー