昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「能力の足りない指導者は辞めてくれ」 新型肺炎で中国人記者がSNSに異例の投稿

 中国湖北省武漢市の海鮮市場から始まった新型コロナウイルス。世界保健機関(WHO)は「2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)より致死率は低い」と緊急事態宣言を見送ったが、交通網の発達や富裕層の増加で中国人の行動範囲は広がり、感染スピードはむしろSARS以上との指摘もある。

 武漢市政府は1月23日未明、鉄道駅や空港を閉鎖、地下鉄などの運行を停止する異例の措置を発表した。午前10時からの実施後、駅に駆け込んだものの警察に阻まれる人が続出。市によると、500万人は市外に出たが900万人は市内にとどまった。その後、封鎖範囲は湖北省全体に広がり、イタリア一国に匹敵する約6000万人の移動が制限される状況になっている。

 武漢市では緊急車両以外の車の通行も禁止され、一般市民は完全に足を失った。市政府は食料や薬を調達する市民のため、無料で使えるタクシー6000台を用意し地区ごとに振り分けたが、これとて行き先は指定のスーパーや薬局までだ。市はおろか、自分が暮らす地区からも出られない軟禁状態に、市民は「絶望的な気分になる」(飲食店経営の62歳男性)と嘆く。

 武漢では「火神山」「雷神山」と名付けた専門病院の建設もスタート。それぞれ10日ほどで完成し、計2000床分を確保するという。

急ピッチで専門病院を建設 ©新華社/共同通信イメージズ