昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

レギュラー16本からゼロに……みのもんたの勢いが止まったセクハラ騒動、息子の逮捕

「みのもんた様につきましては、(中略)後進に道を譲られ、ご勇退されることとなりました」

 そう発表したのは「秘密のケンミンSHOW」(日テレ系)。12年半、司会を務めたみのもんた(75)が3月末で降板。これで4月以降、みののレギュラー番組はゼロになる。

水道メーターの製造を手がける「ニッコク」社長でもある ©文藝春秋

「最近は声の張りも落ち気味で、画面からも疲れが伝わった。番組は昨年末から司会交代を協議、新たに爆笑問題の田中裕二(55)が久本雅美(61)と組む。タイトルの最後に『極(きわみ)』の文字を入れ、勇退は番組リニューアルの一環という体裁ですが、みのの交代が第一の目的だった感は否めない。みのは仕事の意欲は失っていないがかつてのバイタリティーはなく、新番組獲得は簡単ではない」(放送記者)

 文化放送から独立し40年。押しの強い司会ぶりで全盛期には「午後は○○おもいッきりテレビ」(日テレ系)をはじめレギュラー16本。2006年には「1週間で最も長時間、生放送に出演する司会者」としてギネス記録に認定された。

 その勢いに急ブレーキがかかったのは「朝ズバッ!」(TBS系)が9年目に入った13年のことだった。