昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載すごいアート

美人とは何か? 明治の女性日本画家が描いた珠玉の作品

『上村松園と美人画の世界』――すごいアート

2020/01/31

 美人画といえばどんな女性像を思い浮かべるだろうか? ふくよかで穏やか、すらっとしなやかなど、それぞれに美人のイメージがあるだろう。

 明治八年(一八七五)、京都に生まれた日本画家、上村松園。山種美術館では彼女の作品を主とした「上村松園と美人画の世界」展が開催されている。

 明治の世、女性ながらに活躍した松園は苦労を重ねた。逆境にあっても「清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」を目指した彼女は清らかな美人像を描いた。今回、松園18作品と鏑木清方や重要文化財・村上華岳《裸婦図》など魅力的な美人画が多数並ぶ。

 ふっと蛍に目をやる女性。松園の描く美人は愛らしいだけでなく尖ったところが微塵もない。柔らかく凜としている。それが彼女の思う美しさだったのだろう。美人に託されたものとは何か? 自分にとって美人とは何か? 珠玉の美人画を前にそんな深読みをするのも楽しい。

INFORMATION

『上村松園と美人画の世界』
3月1日まで(会期中、一部展示替えあり) 山種美術館
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2020/uemurashoen.html

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!