昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 経済

ガストより安い「いきなり!ステーキ」が高すぎると避けられるワケ

そうしたなか、いきステは旧来の常識を覆し、立ち食い形式を取り入れることで低価格を実現して、駅前でもステーキチェーンが成り立つことを証明してみせた。この功績は大きい。

しかし、値上げや300グラム以上とした価格設定があだとなり、「いきステは高い」というイメージが広がり、客離れが起きてしまった。

「硬い」と叱られる200グラム1130円のステーキ

そして、いきステは「品質を考えた場合の価格」において問題を抱えている。一部の商品のコスパが悪いのだ。例えば、主力商品の「ワイルドステーキ」がそうだろう。

ワイルドステーキの価格は200グラムで1130円だ。これは「相場に対しての価格」は安い。だが、「品質を考えた場合の価格」は安いとはいえない。筆者はワイルドステーキを実際に何度か食べてみて「品質に改善の余地がある」「コスパが悪い」と思った。同様のことを指摘する口コミは少なくない。

ワイルドステーキの品質に改善の余地があるのは、冒頭で触れた1月の張り紙からもわかる。張り紙では、一番人気のワイルドステーキが「時々硬いとお叱りを受け」ていたことを謝罪している。

「硬い」と叱られる200グラム1130円のステーキは、「品質を考えると価格は高い」と言っていいのではないか。いきステが再起を図るならば、「品質を考えた場合の価格」と「相場に対しての価格」、そのいずれの点も解決する必要があるだろう。

佐藤 昌司(さとう・まさし)
店舗経営コンサルタント
立教大学社会学部卒業。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。店舗型ビジネスの専門家として、集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供している。

この記事の写真(1枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー