昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大河「麒麟がくる」 がんばる長谷川博己にスタッフが言えない“絶対タブー”とは?

「視聴率を見て関係者は胸をなでおろしています。19.1%は、近年では『真田丸』に次ぐ数字。BSも入れれば20%は超えます」(NHK局員)

 1月19日からスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」。その裏には出演者やスタッフの奮闘があった。

◆◆◆

 主人公の明智光秀を演じるのは長谷川博己(42)。戦国大名を描いた大河は多いが、光秀が主人公となるのは初めてだ。

長谷川博己

 明智光秀といえば本能寺の変で主君・織田信長を裏切った謀反人のイメージが強い。だが、今作は別の側面に光を当てるという。時代考証を担当する、日本中世史に詳しい小和田哲男静岡大学名誉教授が語る。

「最近の研究では、光秀は家臣や領民思いで、京都の公家や茶人たちとの交流もある教養人であることが、明らかになっています。長谷川さんは、第一話からその一面を見事に演じていらっしゃいました。沢尻エリカさんに代わり帰蝶(後の濃姫)を演じる川口春奈さんも、斎藤道三の娘らしい気の強さが表情に表れていました。沢尻さんの降板で脚本は特に影響は受けませんでしたが、ここに来るまで、出演者やスタッフは苦労をされたと思います」

 メイン出演者の沢尻が逮捕されたのは、昨年11月16日のことだった。

沢尻エリカ

「撮影は6月にクランクインしていて、すでに10話まで撮り終えていた。東京・成城の撮影所にあった城のセットは解体済みで、ロケも季節が違うから同じ条件でやり直すことはできない。なにより時間も予算もない。一報を受けてプロデューサーは顔面蒼白になっていました。ただ、悪いのはもちろん沢尻だが、選んだ局側にも責任はある。ドラマ班の中には『自分だったら選ばなかったのに』と批判の声もあった」(NHK幹部)

 5日後に川口が代役に決まったが、撮り直しは避けられず、大河史上初めて、放送開始を2週間遅らせざるを得なかった。

 そこで気を吐いたのが、長谷川だった。

「知らせを受けた時は茫然としていたようでしたが、座長としての使命感もあったのでしょう。現場では『僕は何でもやります! 切り替えて、みんなで乗り越えましょう』とスタッフを励ましていたのです。セットを組み直すなどスタッフも大変ですが、撮り終わったシーンをもう一度演じる長谷川さんも大変なのに、気丈に振る舞っていましたね」(NHK関係者)