昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, テレビ・ラジオ

“2000円で救った命”がわずか1日で……

 2019年2月8日、由紀子氏もSNSに写真つきで引き取ったモルモットを紹介している。写真にうつっているのはグレーのモルモットだ。

《悩んだ末に新しい子迎えました! 2000円で救える命でした じん君担当だよ! 家ではコウロギがそこら中に逃げ鳴いてます トーマス(※編集部注 白井家の愛犬)は相変わらずぐうたらー(略)》(由紀子氏のfacebookより)

由紀子氏のSNSより(取材班が白井家へ事実関係を確認した後に削除されている)
由紀子氏のSNSより(取材班が白井家へ事実関係を確認した後に削除されている)

 

 

 しかし、その日の夕方に事態は急変する。

「白井家で作業をしていると、迅君が慌てて駆け寄ってきたんです。顔面蒼白で、今にも泣き出しそうな顔でした。『どうしよう。トーマスがモルモットを噛んでしまった……。病院へ連れていきたい』と。急いでリビングに向かうと、テーブルの上に小箱がありました。小箱の中では先ほどまで元気にケージ内を走り回っていたグレーのモルモットがピクリとも動かず、目を開けたままぐったりとした様子で横たわっていました」(同前)

大型犬に襲われ、手の施しようがない状態だった

 トーマスとは白井家で飼われているラブラドールレトリーバーで、体重が40キロほどある大型犬だ。Aさんが呆然としていると、迅氏がこう説明したという。

「家で放し飼いにされているトーマスが、玄関にいたグレーのモルモットを見つけて襲ってしまったということでした。小さなモルモットが襲われてはひとたまりもありません。迅君も私もなんとか救いたいという一心でしたが、モルモットはすでに虫の息で、動けなくなっていました。手の施しようがなく、十数分後にはリビングで息を引き取りました」(同前)

白井家の愛犬、ラブラドールレトリバーのトーマス 「天才!志村どうぶつ園」(2019年3月2日放送)より

迅君はスコップを片手にモルモットの亡骸を埋葬

 Aさんもモルモットの死に心を痛めた。その日、由紀子氏やほかの家族は不在だったため、迅氏と2人でその死を悼んだ。

「迅君は私にグレーのモルモットの最期の姿を見せてくれました。迅君は1人でスコップを片手に家の裏手にモルモットの亡骸を運び、穴を掘って埋葬していました。悲しそうに肩を落とした後ろ姿は、忘れられません」(同前)

 しかしAさんは3月2日に放送された「天才!志村どうぶつ園」を観て、言いようのない違和感におそわれた。