昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, テレビ・ラジオ

「由紀子さんが見たことのないモルモットを抱いていた」

「(3月2日放送の番組では)由紀子さんが茶色とグレーの2匹のモルモットを抱いていたのですが、グレーの方は見たことのないモルモットでした。迅君は自分の好きな食べ物にちなんで、グレーのモルモットを“おもち”、茶色のモルモットを“きなこ”と名付けていました。モルモットを引き取った理由をスタッフに尋ねられ、迅くんは『ペットショップの売れ残りで、だんだん値引きされちゃって3月くらいまでに飼い手が現れないと処分されると言われて飼うしかないと』と説明していました」

番組に登場していたグレーのモルモット。SNSに投稿されていたモルモットとは色や柄が異なっている。「天才!志村どうぶつ園」(2019年3月2日放送)より
「天才!志村どうぶつ園」(2019年3月2日放送)に登場していたモルモット

 由紀子氏がFacebookに投稿した亡くなってしまったモルモットと、番組に登場した“おもち”を見比べてみると違いがよくわかる。亡くなったグレーのモルモットは全体的に色が濃いが、おもちは色が薄く、鼻先には亡くなったモルモットにはなかった白い柄が確認できる。明らかに別のモルモットだ。

 Aさんが続ける。

「この撮影はいつ行われたのでしょうか。グレーのモルモットが亡くなる前だったとしたら、生前のグレーのモルモットが登場するはずだし、亡くなった後の撮影なら茶色の“きなこ”だけをテレビに出せばいいだけのことです」

番組に登場していたグレーのモルモット。「天才!志村どうぶつ園」(2019年3月2日放送)より

テレビに映っていた“おもち”は“替え玉”だった?

 Aさんが続ける。

「由紀子さんは、グレーのモルモットが亡くなる前に、生前の写真をSNSにアップしています。だから、茶色いモルモットだけがテレビに出ていると不自然に映ると思ったのではないでしょうか。それで慌てて亡くなったグレーのモルモットに似た“替え玉”を手配したんじゃないか……。そうであってほしくはありませんが、それ以外の理由が見つからないんです」(同前)

亡くなったモルモットの鼻先には白い柄はない。由紀子氏のSNSより。(取材班が白井家へ事実関係を確認した後に削除されている)

 テレビで“おもち”と紹介されていたモルモットは“替え玉”だったとAさんはみている。

「もしそれが事実なら、テレビ撮影のために死を隠蔽し、似たモルモットを探してくるというのは命に対する冒涜です。白井家には本当に動物たちへの愛はあるのでしょうか。ペットショップから引き取られ、わずか数日で噛み殺されたモルモットを思うとやりきれません。そのままペットショップにいれば、親切な飼い主と出会えたかもしれないのに……」(同前)