昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

都市に寄り添い、将来にわたるやすらぎを約束するお墓

PR

家族が気軽にお参りでき、管理や承継に悩まなくていい――。
関東・愛知の8施設で展開している「はせがわの 屋内のお墓」は将来の安心を約束する新しいお墓の形だ。

和の風情を取り入れた勾配屋根と杉材を大和張りにした壁面が印象的な外観(千日谷淨苑)
和の風情を取り入れた勾配屋根と杉材を大和張りにした壁面が印象的な外観(千日谷淨苑)

「はせがわの 屋内のお墓」のなかでも、「一行院 千日谷淨苑」(東京都新宿区・写真)はJR信濃町駅から徒歩1分の好立地にあり、世界的な建築家・隈研吾氏が設計を手がけたことで有名。屋内に12基の墓石を設けた参拝ブースがあり、ICカードで受け付けするとその都度、遺骨を納めた厨子がお墓まで運ばれる仕組みだ。「お墓は管理事務所で清掃され、生花をお供えしていますので手ぶらでお参りいただけます」とはせがわ千日谷淨苑信濃町営業所の植野真宏所長。納骨できる人数に制限はなく、納骨方法を相談しながらできる限り受け入れてくれるのもありがたい。

参拝ブースでは遺影や戒名をディスプレイに映し出すこともできる
参拝ブースでは遺影や戒名をディスプレイに映し出すこともできる

 さらに「はせがわの 屋内の墓」は使用期限がなく、継ぐ人がいなくなった際には合葬墓に移り永代供養を受けられるので、無縁墓になる心配もない。便利なエリアに先祖代々の墓を移そうというお墓の引っ越しはもちろん、これから家族で入ることを考え、生前購入する人が多いのも納得のお墓だ。

家族水入らずでゆっくりお参りいただけます」と植野所長
家族水入らずでゆっくりお参りいただけます」と植野所長

お問い合わせ

はせがわの 屋内のお墓
TEL 0120-11-7676 10:00~18:00(不定休)
https://www.hasegawa.jp/

「はせがわの 屋内のお墓」の資料は、下記アンケートの「応募フォーム」より請求できます。

締切:2020年4月23日(月)

応募フォームへ
出典元

安倍<官邸>錯乱す

2020年3月19日号

2020年3月12日 発売

定価440円(税込)