昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

なぜ裁判では“山口本人から聞いた”と別の主張を展開?

 だが、「週刊文春デジタル」が2019年9月7日に報じた暴行直後の“公園音声”の中では、山口が犯人に対し、「なんであやかに(※メンバーの太野彩香)の向かいの家が私って知ってたの?」という質問を投げかけ、被告1(週刊文春デジタルでは「A」として報道)が、「それは相当前にあやかにか誰かに聞いたな」と発言している。

 被告は事件直後は“別のメンバーから聞いた”と山口に言っていたのだ。なぜ裁判では“山口本人から聞いた”と別の主張を展開しているのか。

NGT事件の人物相関図 ©文藝春秋

山口はスタッフの前では犯人が事実を言わないと確信していた?

 この”公園音声”は裁判でも証拠として採用されているが、被告側はこう反論している。

《山口氏は、自己の熱烈なファンである被告1が原告のスタッフの目前では、山口自身から山口氏の部屋の所在場所を教わったという事実を口にしないことを確信していたため、本件グループのメンバーの中にはファンとつながりを持っている者がいることを印象付ける目的で、スタッフの面前で、被告1に対し、「何でDの向の家が私だって知ってたの。」と質問をし、それに対し、被告1が曖昧なことを答えたというのが、この会話の真相である》(被告ら第4準備書面より引用)