昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「今は仕事が楽しくてバリキャリだから……」高円宮承子さま メガバンク社員Aさんと銀座海鮮居酒屋デートの夜

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, ライフスタイル

 3連休を前にした1月10日金曜日の夜9時過ぎ、銀座にある海鮮居酒屋の前で、ベージュのコートに身を包んだ女性がスーツ姿の男性に笑顔で駆け寄ると、身を寄せながら店内に消えていった。

 勤務先からタクシーで待ち合わせに駆けつけたこの女性。高円宮家の長女、承子さま(33)である。

1月10日、Aさんと銀座の海鮮居酒屋を出る承子さま ©文藝春秋

「その店は一人平均4000円前後の大衆店。お二人は、お刺身やお寿司とともに白ワインや焼酎を飲まれていました。二人とも時にはスマホを操作しながら、リラックスしたご様子で過ごされていました」(飲食店関係者)

 これまで英国留学中に発覚したSNSでの赤裸々な書き込みなどが「週刊文春」(2007年2月8日号)に報じられ、その自由な振る舞いから“奔放プリンセス”と呼ばれた承子さま。英エディンバラ大学を中退された後には、早稲田大学国際教養学部にご入学。2013年に卒業されると、日本ユニセフ協会に勤務。日本スカッシュ協会の名誉総裁としても活動されている。

新天皇の即位を祝う一般参賀での承子さま(2019年5月4日) ©文藝春秋

 宮内庁担当記者が解説する。

「英国留学中に『胸にヤモリの刺青入れたい』『ディスコに行って、帰って来たら朝4時』などのSNSへの書き込みが明らかになったのは2007年のこと。いまは日本ユニセフ協会で常勤の嘱託職員として海外出張もこなされています。また、全国高校総体を観戦されるなどのご公務も続けられています」

 高円宮家では慶事が続いている。2014年に出雲大社権宮司の千家国麿さんと結婚された高円宮家の次女・典子さんに続き、2018年には三女・絢子さんが日本郵船社員の守谷慧さんとご結婚された。絢子さんは昨年11月に第一子となる男児を出産している。

守谷絢子さん(下)の9歳の誕生日を祝う承子さま(上)と千家典子さん(中)(1999年9月15日)宮内庁提供

 そんな中、承子さまのご結婚をめぐる報道もあった。

「お相手は『週刊新潮』(2014年9月4日号)に居酒屋でのデート模様が撮られたメガバンクに勤めるAさんです。その後も交際が続いていたようで、昨年末には『高円宮承子さま婚約発表へ!』と報じるメディアもありました」(同前)

 冒頭で紹介した海鮮居酒屋の食事を楽しんだお相手も、このAさんだった。