昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

串カツ田中の「東京の世田谷から攻めていく」が大正解だったワケ

本場・大阪とはターゲット層が違う

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 経済

串カツ田中の「東京の世田谷から攻めていく」が大正解だった訳

大阪風の串カツ専門店が、関東地方で増えている。大阪名物の串カツが関東で受け入れられたのはなぜか。ライターの石田哲大氏は「串カツ田中の影響が大きい。東京・世田谷という住宅地から出店を始め、女性や家族連れが入りやすい雰囲気にすることで、客層を広げた」という――。

写真=PRESIDENT Online編集部

2008年の1号店は「世田谷駅近く」だった

トレンドが目まぐるしく入れ替わるのが、外食業界の常だが、一方で流行の段階を経て市場にしっかり根づくものもある。近年でいえば、関東圏における「大阪スタイルの串カツ」は市場に定着した事例だろう。その立役者は「串カツ田中」だ。

串カツ田中が東急世田谷線の世田谷駅近く(住所は東京都世田谷区世田谷)に直営店1号店を出店した2008年当時は、「大阪スタイルの串カツ」といってもピンとくる向きは少なく、記事を書くときには「大阪では一般的なソースの2度づけが禁止の……」などと、くどくど説明したものだ。それがいまでは大半の人はイメージがすぐにわくはずだ。仮にわからなくても、串カツ田中の名前を出せば「あぁ、あれね!」となるだろう。

それでは、なぜ大阪スタイルの串カツが首都圏で流行し、深く根を下ろすことができたのか。その疑問を解く前に、大阪スタイルの串カツがはやる前から存在していた「東京風の串カツ」にも触れておきたい。

東京の串カツには2つの系統があった

東京で食べられている串カツは、筆者の見立てでは大きく2系統に分類できる。ひとつは、大衆的な酒場や食堂、とんかつ店で提供している豚肉とタマネギを串打ちし、パン粉をまぶして揚げたスタイル。ソースをべっとりつけてほお張り、ビールやレモンサワーで流し込むイメージだ。

もう1系統は、「串揚げ」と呼ぶほうが一般的かもしれない。豚肉だけでなく、魚介や野菜を一口サイズにカットし、串にさして揚げたもので、ずっと上品なイメージだ。客単価が1万円を超えるような高級店もある。

いずれにしても、串カツと呼ばれる食べものはもともと東京に存在していたのだが、そこに殴り込みをかけたのが大阪スタイルだったわけだ。