昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【アカデミー賞4冠】「パラサイト」から見えてくる韓国“残酷”不動産格差のリアル

2020/02/05

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 国際, 映画

 アジア映画として初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた、ポン・ジュノ監督の話題作「パラサイト 半地下の家族」。この映画で、韓国の格差社会を表現するのに使われたのが、丘の上の邸宅と、韓国独特の居住空間である「半地下部屋」だった。

 半地下部屋とは、地上と地下の間に位置する居住空間のこと。韓国の宅地法によると、床から地表面までの高さが、部屋の高さの半分以上なら「地下」、半分未満であれば「半地下」と区分される。

「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督(右)と主演のソン・ガンホ ©AFLO

 元々は、北朝鮮の侵略に備えた地下の避難場所として、住宅建築の際に設置を義務付けられていたのが始まり。1975年には、住宅空間として利用することが認められ、「半地下部屋」という住居が誕生した。経済成長が続いた70年代、ソウルの爆発的な人口増加による住宅不足を解決するのが目的だった。

 その後、主にソウルなど都市部に多く存在する地下部屋と半地下部屋は韓国の住宅貧困を象徴する空間となった。韓国統計庁の2015年人口住宅総調査によると、約86万人が地下または半地下に暮らしているという。

 南北分断の歴史と、経済発展から取り残された格差を体現する半地下のあの家族は、実は「特殊なケース」ではないのである。

庶民を直撃する不動産価格の高騰

「半地下」にみられるような韓国の都市部における住宅問題は、韓国社会の最も深刻な格差問題の一つに挙げられている。

ソウルの路地裏。韓国では86万人が地下または半地下で暮らす ©iStock.com

 中堅企業で課長として勤めている夫と小学生の2人の娘がいる李さん(仮名、46歳)は、ソウル・江西区のマンションで「『伝貰』暮らし」をしている。「伝貰(チョンセ)」とは、韓国だけの独特な住宅賃貸の形で、一定の保証金を預けて家を借りる不動産賃貸契約だ。

 伝貰の保証金は、住宅価格の50~90%にあたる巨額だが、保証金を支払う代わりに、毎月の家賃を支払わずに住むことができる。家主は契約期間中に保証金を運用して利益を得る仕組みだ。

 李さんも、4年前に105平方メートルのマンションを伝貰で借りるために、4億ウォンの保証金を支払った。ところが、ソウル市の不動産価格が急騰し、毎年のように伝貰価格も跳ね上がっていることが、李さんを悩ませている。