昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載マンガ うつ病九段

「指し初め式」で羽生善治九段と語り合ったこと――マンガ「うつ病九段」第24話

 
 

うつ病で将棋が指せなくなり、休場を余儀なくされたプロ棋士の先崎九段。練習相手になってくれた中村太地七段との対局中に閃きがあり、「詰み筋」が見えたことで、現役復帰への手応えを感じた。新年、将棋連盟の行事である「指し初め式」に出席するため、千駄ヶ谷へ向かった先ちゃんだが……。

 
 
 
 
 
 
 
 

第25話(最終話)は2月16日(日)に更新します。

マンガ『うつ病九段』は4月下旬に単行本と電子版が刊行予定です。

原作『うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間』も好評発売中。

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー