昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《わいせつ被害女性告発》板尾創路の“絶対に笑ってはいけない”DMナンパ手口「次に会える薄暗い夜はありますか?」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

「2018年10月頃、友人とのTwitter上のやりとりで芸人の板尾創路さんの話題になったんです。どんな話の文脈だったか忘れましたが『私は板尾好きだよー』と投稿しました。すると翌日、『好きと言われてうれしいです』というDM(ダイレクトメッセージ)が突然送られて来たんです。それが公式マークのついた板尾さんのアカウントからで本当に驚きました」

 そう告白するのは都内の広告関係会社に勤務する女性Aさん(28)だ。東北地方出身のAさんは身長150cmの小柄な美人。ベビーフェイスで元モーニング娘。の加護亜依に似ている。

「彼がTwitterで『監督やりました』とか『イベントでしゃべりました』とかつぶやくたびに、あの悪夢を思い出してしまって……。時間が経つほどに気持ち悪さや悔しさ、罪悪感が増していくんです。最近、不倫を報じられた芸能人が世間からの批判を浴びていますが、バレなければ何をしても許されるのでしょうか。2019年はずっとモヤモヤとした気持ちを抱えていましたが、1年経ってもやっぱり許せませんでした。それですべてをお話しすることにしました」(Aさん)

取材に答えてくれたAさん ©文藝春秋

女性問題をたびたび報じられるも懲りない板尾

 AさんにDMを送った板尾創路(56)は監督や俳優としても活動する吉本興業所属のベテランお笑い芸人だ。ほんこん(56)とコンビ「130R」を組み、1991年に「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)にレギュラー出演したことで全国区の人気を獲得した。そのシュールで独特なお笑いセンスから、“お笑い界の奇才”と呼ばれることもある。

「今ではお笑い界で独自の地位を築いている板尾さんですが、かつてはもっと得体の知れないイメージでした。1994年、板尾さんのファンだという中学3年生の少女(当時14)を自宅マンションに連れ込み、みだらな行為をして、大阪府青少年健全育成条例違反で逮捕されたことがその印象に拍車をかけました。このとき吉本興業からは無期限の謹慎処分を受け、社会問題となりました。

 1998年には8歳年下の一般女性と結婚し女児をもうけましたが、『FLASH』(2017年12月5日号)では自身が監督を務めていた映画『火花』の出演者でもあったグラビアアイドルの豊田瀬里奈(当時27)とのラブホ不倫が報じられた。その際、板尾は『家族には怒られて謝って、お許しをいただきました』と釈明しています」(スポーツ紙記者)

ベテラン芸人の板尾創路 ©getty

 女性問題でたびたび世間を騒がせてきた板尾だが、まったく懲りてはいないようだ。板尾は見ず知らずのAさんに積極的にメッセージを送り続けた。Aさんが続ける。

「最初のDMに対して、『本人ですか? 私もうれしいです』と返しました。まさか芸能人から直接メッセージが送られてくるなんて信じられませんでしたが、その後も『台風だから家の掃除をしています』(板尾)、『偉いですね』(Aさん)といった他愛のないやりとりを2カ月間で3、4回しました」

 そして12月初旬頃、板尾からAさんにDMで食事の誘いが届いた。