昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「1億超えのタワマン」を即決購入する共働き夫婦の“落とし穴”

住宅ローンの返済額は世帯収入の25%が上限

source : 提携メディア

genre : ビジネス, ライフスタイル, 働き方

タワマン億ションを即決購入する「パワーカップル」の落とし穴

「住宅ローンの返済額は世帯収入の25%が上限」。このセオリーを無視して 1億円以上のマイホームを購入する人たちがいる。不動産コンサルタントの長谷川高氏は「背景にあるのは低金利。過大なローンを組んだ後、教育費などの支出がかさみ、ローンの支払いに窮するケースが増えている」という――。

※本稿は、長谷川高『不動産2.0』(イースト・プレス)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/Juergen Sack ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Juergen Sack

1億円超のマンションは「特殊住戸」と呼ばれていたが……

2007年から2008年にかけて起きたリーマンショックの際、不動産価格は大きく下落しました。しかしその後、不動産価格は東京中心部を筆頭に、再び急激に上昇しました。

東京中心部や湾岸エリアのタワーマンションでは、高層階を中心に1億円を超える高額物件が続々と販売され、しかもそれが飛ぶように売れました。

私がデベロッパーに勤務していた当時、1億円を超える高価格帯のマンションは「特殊住戸」と呼ばれていました。限られた方だけが買うことのできる、まさに「特殊な物件」だったのです。

しかし、現在では1億円を超える「億ション」が次々に売れている。一体、どんな人が買っているのか、疑問に感じていました。そこであるとき、「億ション」を分譲しているデベロッパーの役員に直接話を聞いてみました。すると、意外な答えが返ってきました。

共働き正社員夫婦=パワーカップルが億ションをバンバン買っている

かつて「億ション」を購入していたのは、会社の経営者や、資産家、医師といった、いわゆる富裕層だけでした。しかし現在「億ション」を購入しているのは、会社員が多いというのです。

たしかに現在は、極めて金利の低い時代です。頭金をそれほど用意しなくても、長期のローンを組めば、6000万〜7000万円程度は、年収の高い会社員なら借り入れが可能です。さらに共働きの夫婦であれば、その倍近く、2人で総額1億円以上のローンを組むことができます。