昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

新型肺炎で中国人観光客が消えた! いまこそ「京都、行こう」のチャンスだ

無人の「竹林の小径」も撮影できる

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 経済,

新型コロナで閑古鳥、いまこそ「京都、行こう」のチャンスだ

新型コロナウイルスの影響で、京都の観光客が激減している。京都在住のジャーナリスト・僧侶の鵜飼秀徳氏は「かつて冬の京都は閑散としていた。だから昔に戻っただけともいえる。この騒ぎを逆手にとって、本来の落ち着きのある京都を堪能しに来てもらいたい」という——。

新型コロナウイルスの影響で京都から外国人観光客が消えた

こんな静かな京都は何年ぶりだろうか。

四季を問わず、常にごった返している右京区嵯峨の「竹林の小径(こみち)」。春節が終わった直後の今週(2月2日〜)、観光客の姿が嘘(うそ)のように消えていた。特に中国人(あるいは台湾人)や韓国人が見当たらない。

昨年来、続いている国家間の関係悪化によって、まず韓国人がいなくなった。そして今回の新型コロナウイルスの感染拡大騒ぎである。中国政府が団体旅行の禁止措置にでたのが先月27日のこと。それでも春節期間中(1月24日〜30日)は、個人旅行客らでそれなりに賑(にぎ)わっているように感じたが、それも終わると中国人旅行者が一気に消えた。

竹林の小径では、個人旅行の欧米人や、ヒジャブ(ムスリム女性が頭部などを覆う布)を着用したイスラム圏からの旅行者が、美しい竹林を背景にシャッターに収まっていた。地元民の私も、思わずスマホのカメラで一枚。こんにち、“無人の”竹林の小径を撮影することはほぼ不可能だ。だから掲載の写真は、かなりレアな一枚だと思っていただきたい。

本稿では「コロナ騒動」の前(主に2018年夏)と現在(2020年2月)にそれぞれ筆者が撮影した嵯峨・嵐山の様子を見比べながら、読み進めていただきたい。

撮影=鵜飼秀徳 渡月橋(2018年夏)と現在(2020年2月) - 撮影=鵜飼秀徳

いつもは行列の店もガラーン「普段の何十分の一の客数です」

思い返せば2011年の東日本大震災直後の京都が、いまのような感じだったのかもしれない。だが、その後、国内外の観光客数が飛躍的に伸びた。近年では6年連続で年間観光客数5000万人を突破。過剰に増える京都の観光客、特にインバウンド増で生じている観光公害については、昨年12月12日に本連載で「外国人を集め日本人に敬遠される京都の未来」として述べたとおりである。