昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《アンケート募集開始》第2回「好きな二世」「嫌いな二世」は誰だ?

抽選で10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, スポーツ, 政治, 映画, 音楽

 政界、芸能界からスポーツ界まで、有名な親を持つ“二世”の好感度ランキングを、文春メルマガ読者の投票で決定してしまおうというアンケート企画「好きな二世」「嫌いな二世」。2年ぶりに募集を開始します。

 政財界、芸能界、スポーツ界、どの分野でも“二世”の活躍は目立っています。

 大好評だった2018年の第1回、「好きな二世」部門において、2位に大差をつけてトップに輝いたのは、小泉進次郎環境相(38)でした。その進次郎氏には1月17日、第1子男児が誕生。2月5日には息子の名前がスクープされました。進次郎氏は元逓信大臣を曽祖父、元防衛庁長官を祖父、元首相の純一郎氏を父に持つ、四世議員。男児は五世議員になるのかも知れません。

前回「好き」部門1位の小泉進次郎環境相 ©文藝春秋

 芸能界では、時代劇俳優・京本政樹(61)の息子である京本大我(25)がジャニーズ「SixTONES」のメンバーとして1月22日にデビュー。木村拓哉を父に持つKōki,(17)は、1月21日に第31回日本ジュエリーベストドレッサー賞10代部門を受賞しました。

京本政樹の息子・京本大我(ウェブサイト「ISLAND TV」より)

 また、俳優・佐藤浩市(59)の息子、寛一郎(23)は木村拓哉主演ドラマ「グランメゾン東京」(TBS系)で連ドラ本格デビューを果たしました。佐藤浩市の父は故・三國連太郎。前回の「好き」部門2位は佐藤浩市でした。

 偉大な親を持つプレッシャーを撥ね除けて才能や個性を発揮している“二世”もいれば、親の「七光」で活躍の場を与えられているのではと邪推したくなるような“二世”もいます。そのなかで支持される“二世”は一体だれなのでしょうか。

 あなたの「好きな二世」「嫌いな二世」それぞれ3組を、ベスト3、ワースト3の順位を付けて教えて下さい(二世でなく三世以上でも可)。あわせて、その理由や将来性へのご意見もお寄せください。

佐藤浩市の息子・寛一郎(左)と木村拓哉の娘・Koki,(右) ©時事通信社/AFLO

 応募方法は簡単。下記のURLにアクセスして、「好きな二世」「嫌いな二世」のそれぞれ3人を、ベスト3、ワースト3の順位を付けてご記入ください。あわせて、その理由も教えてください。(1位=5点、2位=3点、3位=1点として集計します)。たくさんのご応募をお待ちしております!

 アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で10名様にAmazonギフトカード5000円分をプレゼントさせていただきます。みなさま奮ってご応募ください!

応募〆切:2020年3月31日(火)18時

投票する

応募にはメールマガジンの登録が必要となります。
※編集上の都合により、締切り日を変更する場合があります。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
応募要項
  • 当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。お届け先情報の登録がない場合、登録されたお届け先が不正確であった場合は、当選を無効とさせていただきます。なお、お届け先は国内に限らせていただきます。
  • 回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
  • 投稿いただいた内容の他、あらかじめ登録いただいた年齢をあわせて掲載する場合があります。
  • 個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • 回答いただいた内容は、誌面の都合上一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
  • 回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
  • 誌面掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。