昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

野村克也さん「虚血性心不全」による突然死は防げたかもしれない

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療

野村克也さんを突然死させた「虚血性心不全」は防げる死だったのでは

 

元プロ野球監督の野村克也さん(2019年1月24日撮影)

 誰もが突然のことに驚いた野村克也さん(84歳)の死。死因は「虚血性心不全」と発表されました。報道によると、11日の午前2時ごろ、東京・世田谷区の野村さんの自宅から119番通報があり、救急搬送された病院で死亡が確認されたといいます。発見したのは家政婦で、野村さんが浴槽の中でぐったりしているのを見つけて電話したそうです。とすると、野村さんは入浴中に心不全を起こしたということでしょう。

 非常に残念な死であり、ある意味で防げた死でした。というのは、虚血性心不全というのは、自覚症状があり、そのときすぐに連絡、早く病院に搬送されれば、手術によって助かる可能性が高いからです。

私も2度、虚血性心不全を経験した

 実は、私も虚血性心不全に陥り、手術により助かっています。それも2回です。私の場合、1回目は57歳のとき、2004年12月6日の朝方のことでした。左胸部が急に激しく痛み出し、冷や汗が出たのです。このとき、これは心臓の血管になにか異変があると直感しました。医学生のとき、心疾患を起こすと「胸痛、圧迫感、奥歯の痛み、左肩痛」という症状が出ると習っていたからです。それで、慌てて知己の心臓外科医・ 南淵(なぶち) 明宏氏に連絡を取りました。彼は、心臓外科の世界では有名な 凄腕(すごうで) を持つ名医です。

 「すぐ来てください」と言われ、病院に駆けつけ、CT(コンピューター断層撮影)と心電図の検査を受けました。すると異常がないということでしたが、エコーを見ると左心室が動いていないのです。

 「これはステントを入れないだめですね」と、南淵医師。心臓の冠動脈のうち一本の一部が詰まっているというのです。

 ステントというのは、ステンレススチールやコバルト合金などの金属でできているチューブで、これを血管に入れて広げることで血流が回復します。こうして、緊急でステント挿入手術を受け、私はことなきを得ました。