昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ヤミツキになる」と大人気! あえて“ラム肉串”を売り出したサイゼリヤの周到戦略

クセのある食材だから事件になった

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 企業, 経済, 商品

あえて「ラム肉串」を売り出したサイゼリヤの周到戦略

サイゼリヤが昨年12月から売り出したラム肉の串焼き「アロスティチーニ」。あまりの大人気で販売は一時休止となり、2月から数量・期間を限定して販売再開した。一体、この騒動は何だったのか。飲食チェーンに詳しい稲田俊輔氏が解説する——。

写真=時事通信フォト サイゼリヤ西早稲田店(新宿区西早稲田、2001年4月21日) - 写真=時事通信フォト

ファミレスチェーンが羊肉を扱うという異例の事態

この冬、サイゼリヤ全店のグランドメニューに入った羊肉の串焼き料理「アロスティチーニ」が大きな話題を呼びました。

話題となった焦点は3つ。1つ目は「あの」サイゼリヤがついに羊肉を扱い始めた、という驚きです。ファミレスなどのチェーン店は好き嫌いの分かれるクセのある料理や食材を避ける傾向があり、羊肉はその最たるものでした。

しかし世間には一定数の「羊肉好き」がいます。彼らの羊肉に対する愛着は、単なる肉の種別としての嗜好を超え、信仰的ともいえる熱狂をもつこともしばしばです。羊肉を食べられる飲食店は決して多くはありませんが、羊肉ファンは羊のある店を積極的に探し出して利用し、牛肉や豚肉には目もくれません。

サイゼリヤの「英断」に真っ先に快哉(かいさい)を叫んだのは彼らでした。わざわざマニアックな店を探し出して食べるものだった羊肉が、これからはサイゼリヤで気軽に食べられるというよろこびに加え、今後一般消費者にも羊肉の魅力が伝わるのではないかという期待感が高まったのでしょう。羊肉ファンにとって羊肉の普及は常に悲願なのです。

店側すら予想していなかった「大番狂わせ」だった

2つ目のポイントは「アロスティチーニ」の味です。本国イタリアのアロスティチーニは、羊肉を鉄串に刺し、塩やハーブ、にんにくなどでシンプルに味付けして焼いたもの。一方、サイゼリヤのアロスティチーニは、串焼きの本体はほぼ塩のみの味付けでしたが、横にオリジナルのミックススパイスを添えてあり、これが「おいしい」「ヤミツキになる」と大評判でした。

羊肉によく合うだけでなく、このスパイスだけを別売りしてほしいという声さえ上がっていたのです。SNSではこのスパイスを転用した卓上カスタマイズ料理を披露する猛者も現れました。「フリウリ風フリコ」に混ぜてフォッカチオでディップしたり、「ディアボラソース」とミックスしてチキンにかけるなど大胆にアレンジしていました。