昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「イッテQ!」宮川大輔「祭り企画」復活で吉本興業が日本テレビに怒り

「週刊文春」が2018年11月に報じた「やらせ疑惑」で休止していた「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」について、日本テレビは2月17日の定例会見で、3月中に再開させると発表した。

 この復活をめぐり、「祭り企画」に出演していた宮川大輔(47)が所属する吉本興業と日テレの間に不協和音が生じていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

“お祭り男”復活に水を差された宮川 

 日テレ関係者が語る。

「日テレは秘密裏に『祭り企画』を再開させる準備を進め、吉本にも協力を仰いでいた。それなのに、情報解禁前に企画の復活が報じられてしまったのです」

 2月4日付の「NEWSポストセブン」が、1月25日にアメリカ・コロラド州で開催された「フルーツケーキ飛ばし祭り」に宮川が参加していたことを報じたのだ。

「現地の『FOXニュース』で、宮川さんが祭りに挑む様子が放送されてしまったのです。宮川さんは青い法被にねじり鉢巻姿でインタビューを受け、“日本のコメディアン”などと紹介されていました」(スポーツ紙記者)

週刊文春が「やらせ疑惑」を報じたラオスの「橋祭り」(「イッテQ!」より)

 この事態を受け、吉本興業サイドは激怒したという。

「日テレは何のためにこれまで極秘裏に動いてきたのか。情報統制が甘すぎますよ」(吉本関係者)

 加えて、吉本社内では日テレが大々的なPR略を計画していたことに、怒りの声が上がっていた。

「やらせ疑惑はいわば日テレの不祥事。宮川のタレント生命を脅かすような事案だったにもかかわらず、日テレでは関係者の処分も行われなかった。何事も“なかった”ように大々的にPRするのはおかしい」(同前)

司会のウッチャンもガッカリ?

 日テレ社長室広報部は「大々的なPRを検討していた事実はございません」と回答。

 吉本興業の広報は「この件に関してお答えする立場にありません」と答えた。

 2月20日(木)発売の「週刊文春」では、やらせ疑惑についてBPOが「放送倫理違反」があったと認定した後にも日テレが番組関係者の処分を行わなかったことや、アメリカロケに決まった経緯、PR戦略の内容などについて詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー