昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

記者をブロックで“器の小ささ”露呈 河野太郎は“飲み会”と“ツイッター”で総理になれるか

英語の流暢さは政界随一 ©文藝春秋

〈さて、そろそろミュンヘンに日帰りで行ってきます〉。2月15日午前0時過ぎ、ツイッターでこう呟いたのは、河野太郎防衛相(57)。各国の外相、防衛相が集う安保会議に参加するための訪独だが、番記者を引き連れた茂木敏充外相に比べ、河野氏は少し寂し気。防衛省担当記者は、「番記者は誰も同行しなかった。この会議は例年、防衛省からは副大臣が行く程度だから」と呆れ気味。外相時代、歴代大臣が足を運ばなかった小国まで訪問する様を小欄は「スタンプラリー」と報じたが、防衛相になっても変わらないようだ。

 そんな河野氏だが、最近、所属する麻生派内で株を上げつつあるという。昨秋以来、定期的に参院麻生派のメンバーと会食を重ねているのだ。ツイッターでも「飲めねえ家系なんだ」とつぶやく下戸の河野氏だが、一月末にも山東昭子参院議長をはじめとする面々とソフトドリンクで親睦を深めた。

 行革相、外相、防衛相と閣僚経験を積み上げるが「仲間のために汗をかかない」(派閥重鎮)と言われた河野氏。変身のきっかけは麻生太郎副総理の一言だった。昨秋、河野氏の政治資金パーティーで麻生氏は「選挙も強い。発信力もある。政治家として今後、伸びるのに何が欠けているかといえば、一般的な常識だ」と皮肉を飛ばした。「会場は笑いに包まれたが、河野氏は大勢の面前で図星を突かれ、気持ちを入れ替えたのでは」(政治部記者)。