昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ソフトバンク元社員が情報流出で起訴 ロシア人スパイとの出会いは新橋の路上だった

 第二次大戦中に暗躍したソ連の大物スパイ、ゾルゲの伝統は脈々と受け継がれていたようだ。東京地検は2月14日、ロシア側に会社の機密情報を流出させたとして、不正競争防止法違反罪でソフトバンク元社員の荒木豊被告(48)を起訴。漏洩先とみられる在日ロシア通商代表部のアントン・カリニン代表代理(52)は10日、出国した。

成田から出国するカリニン代表代理とみられる男 ©共同通信社

 警視庁担当記者の解説。

「荒木の起訴内容は、通信設備構築担当の統括部長だった昨年2月と3月、ソフトバンクのサーバーから電話基地局の設置に関する作業手順書などの機密情報を不正に取得したというもの。カリニンは、ロシア対外情報庁(SVR)にも所属していたとみられ、警視庁公安部は同法違反の教唆容疑で書類送検する方針です」

 ロシア側が荒木と最初に接触したのは東京・新橋の路上。数年前、カリニンの前任者が偶然を装って一杯誘い、数回会食した後、カリニンに引き継いだという。

「2~3カ月に一度会って、日露の観光名所など当たり障りのない話をするうちに仲良くなったようだ。徐々に機密情報の提供に移り、1回数万円、最高で20万円ほどを現金で渡されるようになった」(捜査関係者)

 もちろん、ただの気さくなロシア人のわけがない。

「連絡先どころか名前も教えず、接触時に次の会合場所と日時を伝えていた。荒木も『スパイかもしれないと思った』と供述しており、もはや後戻りできなくなっていたのだろう」(同前)