昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「元SMAP3人と共演したい」中居正広を直撃すると……

SMAP解散から2年半、中居は、ジャニーズ幹部にある計画を伝えた

 タレントの中居正広(47)が30年以上にわたり所属したジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所し、独立する意向を固めたことが「週刊文春」の取材で分かった。近日中にも正式に発表すると見られる。

「週刊文春」は、これまでもSMAP解散後の中居をはじめとする各メンバーの動向を詳しく報じてきた。2019年6月13日号掲載の記事を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

中居正広

◆ ◆ ◆

 SMAP5人が別の道を歩み始めてからも、中居正広は、事務所を辞めた3人への思いをのぞかせてきた。そして今回、「3人と共演したい」と発言していることが判明した。一方、完全に袂を分かったキムタクは俳優業に邁進している。中居の真意はどこにあるのか――。

 5月下旬の昼過ぎ、キャップを目深にかぶったジャージ姿の中居正広(46)が、都内のスーパーで冷凍食品を物色していた。傍らにいるはずのマネジャーの姿はない。

「あれ、ナカイくんじゃない?」

 周囲の客に気づかれても動揺せず、冷凍餃子やレモンサワーなどを手早くカゴに詰め込む。40代半ばを過ぎた独身男性の生活感が溢れた一コマだった。

 週に5本のレギュラー番組を抱え、ラジオや雑誌の連載も持つ中居のスケジュールは多忙を極める。

「春から2つの新番組が始まり、CM出演も再開。来年の東京五輪では、TBSの特番に起用されることも“内定”し、打ち合わせと収録で忙しい日々を送っている。たまの息抜きは麻雀と野球観戦。最近、行きつけの雀荘が閉店したため、もっぱら自宅で酒を飲みながらテレビで巨人戦を観るのが楽しみだといいます」(中居の知人)

巨人ファンの中居 ©文藝春秋

“スーパースター”と冗談交じりに自称する一方で、彼の庶民的な生活も好感度を保つ理由なのだろう。だが、ここにきて中居の芸能活動は大きな壁にぶち当たった。鳴り物入りで始まった2つの新番組がいずれも苦戦を強いられている。

「初めてニュースの司会に挑戦した『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)の初回放送は平均視聴率が4.5%(関東地区)。翌週以降もポイントを下げ、5月18日には3.1%まで落ち込んだ。局内ではソツのない司会回しを賞賛する声もあるが、毒にも薬にもならないコメントを繰り返すだけの中居はニュースに向いていないとの指摘もある。裏番組の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)が7%以上取っていることからも期待通りとはいえず、大幅なテコ入れも検討されている」(放送関係者)

 3月いっぱいで打ち切られた「ナカイの窓」(日テレ系)の代わりに、5月からスタートした深夜番組「新・日本男児と中居」も平均視聴率が2%程度と振るわない。