昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「元SMAP3人と共演したい」中居正広を直撃すると……

SMAP解散から2年半、中居は、ジャニーズ幹部にある計画を伝えた

「後輩のKis-My-Ft2が冷遇されないようにあえて中居が残ったという説もあれば、退所した3人に不当な“圧力”がかからぬよう防波堤になったと見る向きもある。しかし事務所には彼と本音で話せる幹部がいないため、誰も彼の真意をつかめていないのです。このまま行動に移さず、安全圏にいるばかりでは次第に求心力は落ちていくばかりです」(前出・中居の知人)

 一方、同じ残留組のキムタクは、中居や3人の動きには関心を示さず、我が道を突き進んでいる。

「1月に公開された主演映画『マスカレード・ホテル』が40億円以上の興収を叩き出す大ヒット。秋には主演ドラマ『星のあるレストラン(仮題)』(TBS系)、来年には昨年放映の『BG』(テレ朝系)の続編も控えています」(スポーツ紙記者)

白髪のキムタク

 6月1日、その木村の姿が栃木県にあった。フジテレビの開局60周年記念ドラマ「教場」の撮影に木村は髪を白く染めて臨んでいた。

「長岡弘樹氏の同名小説が原作で木村が演じるのは警察学校の冷徹な教官。大島優子や三浦翔平と共演しています。『何をやってもキムタクと言われる』と悩んできた彼がダンディな路線に舵を切る意欲作になりそうです」(同前)

 ファンの間では、木村を含めた5人での再結成を望む声もあるが、「たとえ中居が独立しても、ジャニーズからの厚遇を受けている木村が追随することはありえない」(同前)という。

中居を直撃、表情が一変した質問とは……

 中居の真意はどこにあるのか。本人を直撃した。

――週刊文春です。

「おー。なんだよ、なにぃ?」

帽子、メガネにマスク姿で現れた ©文藝春秋

――間もなく契約更新の時期ですが、ジャニーズ事務所との契約は……。

「なんだよぉ。もうさぁ、好きに書きなよ」

 おどけた口調で取材に応じる中居。これまで何度も彼を直撃したが、足を止めることはほとんどなかった。表情が一変したのは次の質問を投げかけたときだ。

――「新しい地図」の3人との共演を望んでいるのでは。

「……」

――ご自身の番組に3人を呼ぶことも考えたが、事務所がNGを出した?

「……」

――五輪でSMAPが再結成する可能性は。

「いいよ(笑)。もう、何書いてもいいよ!」

 否定も肯定もせず、歩き出す中居。車に乗り込むと、窓を開け破顔一笑し、こう言った。

「いい写真、使ってね」

「新しい地図」の3人との共演は、中居の最終決断にかかっている。

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(6枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー