昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「新しい地図を使ってやって」SMAP復活 中居正広の深意

中居とキムタクとの微妙な関係の行方は……

genre : エンタメ, 芸能

 タレントの中居正広(47)が30年以上にわたり所属したジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所し、独立する意向を固めたことが「週刊文春」の取材で分かった。近日中にも正式に発表すると見られる。

「週刊文春」は、これまでもSMAP解散後の中居をはじめとする各メンバーの動向を詳しく報じてきた。2019年1月31日号掲載の記事を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

 2015年12月、木村の“裏切り”に中居が激怒。2人の間に埋めがたい溝が生じた――。SMAP解散後、ジャニーズ事務所に異を唱えることなく、仕事に邁進するキムタク。一方、意味深なセリフで周囲を煙に巻く中居。解散から2年、SMAP再結成の可能性は?

©文藝春秋

 解散から2年が経っても彼は退所した3人のことを気にかけている。彼にはジャニーズに残った負い目がある。苦境にある3人を差し置いて、ひとりでテレビに出ている自分を責め続けているのです」(中居の友人)

 1月16日、中居正広(46)が司会を務める「身になる図書館」(テレ朝系)、「ナカイの窓」(日テレ系)が終了すると、『デイリー新潮』が報じた。レギュラー番組5本のうち、2つが終了する異常事態だ。

「中居は過去に5度、CM起用ランキングのトップに立っているが、昨年以降の契約はゼロ。ファン向けの会員サイトも準備中のまま。かねてから中居の退所は囁かれていましたが、いよいよ“身辺整理”を始めたという観測が高まっているのです」(芸能プロ関係者)

 番組関係者が内情を明かす。

「2つの番組が打ち切られるのは事実ですが、日テレとテレ朝は、新番組でMCに起用する予定。日テレは金曜深夜の30分枠、テレ朝は土曜の昼帯です。ただし、いずれも“補填”の意味合いが強く、内容や共演者については何も決まっていません」

 昨年12月に放送された「キンスマスペシャル」(TBS系)で、中居は「タッキー&翼」を解散した滝沢秀明に対し、「僕個人は(幕引きを)怠った人間。『。(マル)』で幕引きができなかったので、どうか2人には……」と語り、心の整理がついていないことを打ち明けていた。

「中居はこれまでも新規の仕事に消極的だった。今回の打ち切りも局や事務所の冷遇ではなく、中居本人の意思によるところが大きい。ただ事務所内に中居とコミュニケーションを取れる幹部がいないため、彼の本心が掴めないのです」(前出・芸能プロ関係者)