昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中居正広、SMAP“再結成”匂わせ発言 木村拓哉と「新しい地図」の反応は?

 タレントの中居正広(47)が2月21日、東京都内で記者会見を開き、「週刊文春」が報じた通り、ジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所して独立することを発表。SMAPの再結成についても聞かれ、「ゼロではない」などと答えた。 

「週刊文春」は、これまでもSMAP解散後の中居をはじめとする各メンバーの動向を詳しく報じてきた。2019年4月25日号掲載の記事を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

中居正広

 2016年のSMAP解散劇では「独立」の意思を表明しながら一転、ジャニーズ残留を決めた中居。しかし2019年に入ってから「再結成」を盛んに匂わせている。元リーダーの真意はどこにあるのか。そして4人の元メンバーのSMAPへの思いとは。

◆ ◆ ◆

「最近、フジに行ってないなー」

 あるテレビ局からほど近い芸能人御用達の高級雀荘。昨年末、番組スタッフや友人と卓を囲んでいた中居正広(46)は牌をたぐり、独り言のように呟いた。

「最近、フジに行ってないなー」

 2016年末にSMAPが解散するまで、中居の主戦場はフジテレビだった。

「水曜と木曜は湾岸スタジオで『SMAP×SMAP』の収録に臨み、火曜はスタジオアルタで『笑っていいとも!』に生出演。毎年のように『FNS27時間テレビ』に出演するなど、かつての中居さんは完全な“フジっ子”でした」(フジ関係者)

 その中居がいま、民放でレギュラー番組を持っていないのがフジだ。

 どの局よりもSMAPを重用し、元マネジャーの飯島三智氏と蜜月だったフジは、飯島氏のジャニーズ退所と同時に大幅なシフトチェンジを迫られていた。

「ジャニーズとの関係を再構築するため、関ジャニなどの起用が優先されています。編成や制作現場から中居さんと番組をやりたいという声も上がっていません」(別のフジ関係者)

 中居が趣味の麻雀に興じるのは番組収録後などの深夜帯が多い。卓を囲むメンバーは、親しいスタッフやお笑い芸人など気の置けない仲間ばかりだ。

「麻雀や酒の席で中居さんが仕事に関する話を口にすることは滅多にありません。ジャニーズを辞めるのかという際どい話は絶対にしないし、聞ける雰囲気でもないですね。それでも時々、『木村は許せない』、『あの時、木村さえ裏切らなかったらな』とボヤくことがあります」(中居の知人)

※4月5日の「金スマSP」(TBS)より

 ジャニーズ内部でも担当マネジャー以外にコミュニケーションを取れる相手がおらず、「事務所内で独立状態にある」(芸能記者)という中居。燻り続ける“退所説”が取り沙汰されたのは今年1月のことだった。

「12年から続いた深夜バラエティ『ナカイの窓』(日本テレビ系)と、8年近い『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)の打ち切りが明らかになりました。特に『ナカイの窓』は決して視聴率が悪いわけではなく、打ち切りの理由が見当たらない。昨年から中居が一本もCMに出ていないことや、ファンサイトがずっと準備中であることもあり、俄然、退所説が現実味を帯びてきたのです」(同前)