昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

落ちこぼれ、不登校の最大の原因は教室の“同質性”にある

2020年の論点100

2020/03/02

 2019年、NHKの調査によって、全国の中学生のうち不登校、あるいは不登校傾向にある子どもたちの数が、44〜85万人に上ることが明らかになった。不登校傾向とは、自分のクラス以外の部屋で過ごす別室登校や、一部の時間だけ在校する部分登校などのこと。中学生の8人に1人、あるいは4人に1人という衝撃的な数字である。

 その理由は、多い順に、「クラス全体の空気がイヤ」「学校の勉強についての悩み」「友人関係をめぐる問題」「先生との関係についてのなやみ」「いじめを受けた」「決まりや校則になじめない」などとなっている。

 これだけ多くの子どもたちが、学校という場所に息苦しさを感じていることを思うと、いたたまれない気持ちになると同時に、今の“システム”を何としても変えなければという決意を新たにする。

©iStock.com

 そう、この問題は、それぞれの学校や教師や子どもたち一人ひとりの問題というよりも、むしろ“システム”全体の問題と考えるべきものなのだ。近代学校教育が始まって以来、150年もの間ほとんど変わって来なかった、今の学校システムの。

 そのシステムとは、次のようなものである。「みんなで同じことを、同じペースで、同じようなやり方で、同質性の高い学年学級制の中で、教科ごとの出来合いの問いと答えを中心に勉強する」。このシステムこそが、いわゆる落ちこぼれ・吹きこぼれ問題を構造的に生み出し、また、同調圧力や空気を読み合う教室内のサバイバル空間を生み出す元凶になっているのだ。

 公教育の草創期、まだすべての国民が十分に教育を受ける機会が整っていなかった時代においては、このシステムはある意味で十分に機能した。すべての国民に、共通の知識・技能を、まるでベルトコンベヤーに乗せるようにして教授していく。これが当時としては最も効率のよい教育のあり方だと考えられたのだ。

 しかし今では、このシステムこそが、学校における様々な問題の最大の要因になっている。