昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

令和初の「好きな俳優」「嫌いな俳優」アンケート 中間発表!

抽選で10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 映画

 週刊文春デジタルの「『好きな俳優』『嫌いな俳優』アンケート2020」。1月19日から文春メルマガ読者を対象に募集をスタートしたところ、すでに2800票以上の投票をいただきました。

 2月22日時点での、各部門の“トップ集団”を発表いたします。

【好きな男優 トップグループ】(※五十音順)
阿部寛
木村拓哉
草彅剛
斎藤工
菅田将暉
田中圭
玉木宏
中村倫也
長谷川博己
山田孝之

【嫌いな男優 トップグループ】
大泉洋
木村拓哉
坂上忍
竹内涼真
ディーン・フジオカ
二宮和也
東出昌大
福山雅治
ムロツヨシ
横浜流星

 好きな男優部門では、1月19日からはじまった大河ドラマ『麒麟がくる』で主演を務める長谷川博己(42)が上位に食い込んでいます。ドラマが好調な視聴率で滑り出したなか、どこまで順位を上げていくのでしょうか。また、2018年のNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の朝井正人役でブレイクした中村倫也(33)も上位に来ています。

長谷川博己 ©文藝春秋

 嫌いな男優部門では、不倫報道以降逆風の続く東出昌大(32)が急浮上。前回「週刊文春」が実施したアンケート(2018年4月5日号)ではランク外だった横浜流星(23)も上位にあげられています。

「好き」「嫌い」女優のトップ集団は?

【好きな女優 トップグループ】(※五十音順)
天海祐希
綾瀬はるか
新垣結衣
石原さとみ
土屋太鳳
戸田恵梨香
のん
浜辺美波
広瀬すず
米倉涼子

【嫌いな女優 トップグループ】
有村架純
石原さとみ
泉ピン子
唐田えりか
沢尻エリカ
土屋太鳳
橋本環奈
広瀬すず
本田翼
松岡茉優

 女優部門では、好きな女優として「アリバイ崩し承ります」(テレビ朝日系)で主演をつとめている浜辺美波(19)が上位に。主演ドラマ「トップナイフ ―天才脳外科医の条件―」(日本テレビ系)が好評の天海祐希(52)にも票が集まっています。

沢尻エリカ ©AFLO

 嫌いな女優には、昨年11月に合成麻薬等の所持容疑で逮捕され、初公判が1月31日に行われた沢尻エリカ(33)が上位にランクイン。不倫報道があった唐田えりか(22)の名前もあがっています。

 前回の「好きな女優」「好きな男優」ベスト3だった綾瀬はるか、のん、新垣結衣、玉木宏、阿部寛、木村拓哉も変わらず上位。「嫌いな女優」の1位・泉ピン子、2位・広瀬すず、3位・石原さとみ、「嫌いな男優」の1位・木村拓哉、2位・坂上忍、3位・ディーン・フジオカも依然上位にあがっています。

綾瀬はるか ©文藝春秋

 最終順位はどうなるのでしょうか。まだまだ応募を受け付けています。応募方法は簡単。下記URLにアクセスして、あなたが選ぶ「男優」「女優」それぞれの「ベスト」と「ワースト」(計4名)を教えてください。あわせて理由もお書きください。

 アンケートにお答えいただいた方のなかから、抽選でAmazonギフトカード5000円分を10名様にプレゼントいたします。

 締め切りは2020年4月20日(月)18時。たくさんのご応募をお待ちしています!

応募〆切:2020年4月20日(月)18時

投票する

応募にはメールマガジンの登録が必要となります。
※編集上の都合により、締切り日を変更する場合があります。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
応募要項
  • 当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。お届け先情報の登録がない場合、登録されたお届け先が不正確であった場合は、当選を無効とさせていただきます。なお、お届け先は国内に限らせていただきます。
  • 回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
  • 投稿いただいた内容の他、あらかじめ登録いただいた年齢をあわせて掲載する場合があります。
  • 個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • 回答いただいた内容は、誌面の都合上一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
  • 回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
  • 誌面掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。