昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ人は「不倫」をやめられないのか、なぜ「芸能人の不倫」に関心が集まるのか?

橘玲氏の考察

2020/03/03

 3人の子に恵まれ、「おしどり夫婦」で知られた“理想の旦那”の裏切りは、女性たちを怒らせた――。なぜ「不倫」はかくも我々日本人の心を揺さぶるのか。する阿呆に騒ぐ阿呆、そのまた報じる阿呆……。「週刊文春」で「男と女のちがい」を連載してきた橘玲氏が考察する。

◆◆◆

 東出昌大(32)、鈴木杏樹(50)の「不倫」が世間を騒がせている。東出はCMを降板し、お相手の唐田えりか(22)はドラマを降板するなど、大バッシングに晒されている。

「人はなぜ不倫するのか?」

「不倫した人が糾弾されるのはどうしてか?」

「男と女はどれくらいちがう?」について連載してきた橘玲氏に聞いてみた――。

©iStock

「ひとはなぜ不倫するのか?」のもっともシンプルな説明は、「人間の本性が婚姻制度に合っていないから」でしょう。自然界の一夫一妻の例に挙げられるのはオシドリやプレイリーハタネズミで、近縁であるゴリラやチンパンジーは一夫多妻か乱婚ですから、わずか数百万年で人類が完全な一夫一妻に進化したと考えるのは無理があります。

 すべての生き物と同様にヒトも生存と生殖に最適化されており、そこから男女の性戦略が決まります。

 男にとっては、妻に子どもを育てさせながら、他の女とも子どもをつくれば、より多くの子孫を残すことができます。そんな男の見果てぬ夢がハーレムで、遺伝人類学では、モンゴルを中心に世界の1600万人が巨大なハーレムをつくったチンギス・ハンの「直系の子孫」だとされています。

 それに対して女は妊娠から出産まで9カ月かかり、生まれた赤ちゃんを手厚く世話しなければならないので、母子が生き延びるには男からの支援が不可欠です。そのため、浮気するような男をパートナーの選択から排除するように進化してきたはずです。

 男は本性として不倫しようとし、女は本性として不倫に不寛容なのです。

 近年の心理学は、パーソナリティのちがいが行動に大きな影響を与えることを明らかにしています。そのなかでも性経験(パートナーの数)を予測するもっとも強力な指標が「外向性」です。

 外向性というと「社交的」「明るい」などのイメージでしょうが、車にたとえるなら「エンジンの出力が大きい」ことです。外向的なひとは、異性の獲得だけでなく社会的・経済的な成功でも、強い欲望と、それを実現しようとする大きなモチベーションをもっています。