昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

生配信中に全ての部屋の呼び鈴を押し……“わいせつ”ストーカーがアイドル自宅を特定した「恐るべき手法」

 デジタル化が進む現代、ストーカーの手口も恐るべき進化を遂げていた――。

 昨年9月、アイドル活動をする女性の自宅に侵入し、無理やり体を触って軽傷を負わせたとして、強制わいせつ致傷罪に問われた佐藤響被告(27)の公判が2月18日、東京地裁で始まった(26日に懲役2年6月、求刑懲役5年の実刑判決)。

司法記者が経歴を解説する。

「自動車整備士の資格を持ち、大手ディーラーの整備士として勤務。私生活では高校時代からアイドルの応援を始め、最初は中川翔子やAKBグループを追いかけていた。社会人になってから地下アイドルにはまり、今回被害者となったA子さんのファンとして本格的に『オタク活動』にのめり込んでいきました」

送検される佐藤被告(JNNより)

 やがて他のファンから一目置かれる“トップオタ”に上り詰めた佐藤。A子さんのイベントに欠かさず参加するために仕事も辞めた。親や消費者金融から借りた金までつぎ込んでCDやグッズを買い漁り、借金は800万円まで膨れたという。

「ツイッター上や握手会でA子さんと親しげにしていた佐藤ですが、あまりに熱が入りすぎ、『SNSをもっと配信したほうがいい』などと助言を始めたことで、A子さんの態度に変化が生じた。佐藤は冷たくされていると感じて逆恨みし、自宅に押しかけることを決意したようです」(社会部記者)