昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

韓国・新型コロナを拡大させた宗教団体 世論の怒りを買った「隠蔽工作」がひどすぎた

 韓国でも新型コロナウイルスが猛威を振るっている。

 恐るべきことに最大の感染場所が異端の宗教団体だった。新興宗教「新天地」が、2月16日に韓国南部・大邱市で開いた礼拝で、感染者が一気に急増。21日には52名の感染者が新たに認定され、韓国政府は大邱市を「感染症特別管理地域」に指定するまでとなった。

急ピッチでウイルス除去作業が行われている

 正式名称「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」という、この団体は、キリストの生まれ変わりと称する教祖のイ・マニ(88)が永遠の生命を謳い、彼の教義を学ぶというキリスト教異端派だ。

 同教団の公式発表によれば、全世界に約20万人、韓国には約12万人の会員がいるという。

「1984年設立の新興団体ですが、2000年代後半から異端視されていた宗派です。信者勧誘に関するトラブルが後を絶たない。信者に家族との縁切りを強制したり、プロテスタント系の別の教会にスパイを送り込む手口を見せています」

 韓国一般紙記者が続ける。

「16日の礼拝は、9階建ての教会建物の各フロアにそれぞれ500人が集まり、白いシャツに黒のズボン、スカートの統一された衣装の男女が列をなして祈っていました。室内は完全な密閉状態だったといいます」