昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載すごいアート

リニューアルした旧ブリヂストン美術館「アーティゾン美術館」の魅力とは?

『見えてくる光景 コレクションの現在地』――すごいアート

2020/02/28

 東京駅から徒歩数分の立地。印象派の名画や日本の近代洋画、古代の彫像など幅広いコレクション。1952年に開館したブリヂストン美術館は日本の美術ファンに半世紀以上に渡り愛されてきた。

 2015年より新築工事のため休館していた同館はその名を「アーティゾン美術館」に改め、2020年1月リニューアルオープンした。現在開館記念展が開催されている。

 建物も名称も変わり、以前からのファンは寂しさも感じるが、展示室には従来からのセザンヌやモネ、青木繁らに加え、新収蔵のモリゾや松本竣介の作品が輝きを放つ。これから魅力的な展示が見られそうだ、そんな期待が高まる。

 美術館も、絵と向き合う私たちの心も、そして生きる環境も、日々変化していく。懐かしさを胸に秘めつつ前を向いて未来を見つめたい。今、自分はどんな絵が好きか。真新しい空間で心を開いて作品と向き合ってみよう。

INFORMATION

『見えてくる光景 コレクションの現在地』
~3月31日 アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/exhibition_sp/emerging_artscape/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー